TOP   版画ギャラリー ソバの打ち方  ソバあれこれ


けんとうブログ

H29年7月1日より「きまぐれ編集室」から「けんとうブログ」に名称を変え
当倶楽部に関する事ばかりでなく、身の回りの情報を、気ままにお伝えしていきます。
見出しは変わりましたが内容は旧態依然またく変わりありません。悪しからず!
掲載ボリュームが多くなると、編集者の勝手な判断で、どうでもよい部分は削除させてもらっています。

2018年
 月日 曜日   見出し  情報       
2/12  月  今回はヤリイカです
 
 先週のフグに引き続き、いつもの彼から昨日ヤリイカが届きました。今回は直接持ってきてくれました。勝山港のH丸だそうです。どうも勝山港では昨日ヤリイカ釣り大会が催されたようです。洲崎沖の150m~170mの深さのところで釣ったようです。大分釣れたようです。
昔は小生もヤリイカ釣りはだいぶやりましたが、今はもうリタイヤです。身体がついていきません。
型は写真に見る通り、中小型です。メスばかりです。ヤリイカはオスが大きく、メスは小さいのです。まだ未成熟卵ですが抱卵しています。丸ごと煮つけると、この卵が美味しいのです
昨晩は早速刺身にして食べました。この卵を醤油に溶いて食べました。超新鮮なものだからできる食べ方です。スルメはワタを醤油に溶かして食べると美味しいですが、ヤリイカのワタはどうもいけません。生だと生臭いのです。軽く甘辛く煮たのを溶かして食べればこの匂いの問題は解決ですが量が少ないうえに身に絡まりにくくなってしまいます。
ワタの量はスルメの5分の1くらいしかありません。
2/4 日  旬のフグです 
 いつものK君から、魚の定期便が届きました。今回はフグです。fbでの情報では昨日鹿島港のF丸に行って来たようです。
最近は市場にも行かないし、鮮度がイマイチのスーパーではあまり買う気にならないしで、美味しい魚が食べたいと思っていたところでした。刺し身に飢えていました
フグは今が旬です。身も丸々と太って肉質も良く、食べては一番うまい手頃の大きさです。刺身で食べたらもう最高です。。今日の晩酌のお供は「てっさ(フグ刺し)」です。つけるのはワサビも良いですがやはりモミジおろしでポンスです。最近大根が高いので敬遠していたのですが、フグがあるのではそんなことを言っていられません。これから大根買ってきます。
 1/31 水  やっと終わりました

 
 確定申告書類終わりました。後は送るだけです。これで17年間頑張ってきたそば屋、そば教室関連の仕事が全て終了しました。本当にご苦労さんでした。
確定申告の経理は、前の仕事、その前の仕事から通算で40数年やってきました。経理の勉強は全くやったことがなかったので、何もわからない状態で始めたわけですが、青色申告会に入って指導を受けたり、他人に聞いたりしているうちにだんだん分かってきて、とうとう税理士さんに一度もお願いしないでやり通しました。特に途中からパソコンのソフトを使うようになったので記帳などは大変楽になりました。
なんだかんだ言っても、ある意味大変負担の大きい作業でしたので、来年からやらなくも良いと思うと今は心の底からホッとしています。

これで中断していた版画制作にも取り掛かれます。
身の回りの整理なども少しずつ始めるようでしょう

1/11   木 鏡開き
 
年明けうどん
 早いもので、もう11日です。鏡開きです。飾ってあった鏡餅を下げて、「お汁粉」にして食べる日です。アンコも買ってあります。普段、甘いものはあまり食べませんが、今日は甘さ控えめに作って食べるつもりです。

最近、「年越しそば」の向こうを張って「年明けうどん」というものが流行っているようです。
という訳でもないのですが今日うどんを1㌔(10人前)打ちました。ウィキペディアで調べたら年明けから15日までがその期間だそうです。最近は何でも商売にしてしまうんですね。明日頂きます。寒波の影響で明日から寒くなるようなので、温かいうどんが良いでしょう。
1/1   月 初日の出 

明けましておめでとうございます
今年の初日の出は散歩コースを少し遠回りして入間川の土手を歩きました。6:50分ころ太陽が出てきました。土手では初日の出を拝もうとする人たちがあちこちにいます。皆さんスマホをかざして撮影に専念です。すれ違う人たちとは、おはようございます!おめでとうございます!の挨拶。
また1年が始まります。「正月は冥土の旅の一里塚、目出度くもあり、目出度くもなし」の歌が思わず出てくる年になってしまいました。
一日、一日を大切に
生きていこうと思います。
12月31日は17年ぶりのゆっくりした年越しでした。
閉店を知らずに来た方もいたようです。
     2017年
 12/16 土  年賀状完成
 
 年賀状終わりました。短歌は良く練らないで作って印刷してしまい、その後こちらの方が良いなどと作り替えたりで都合3パターンできてしまいました。いかにいい加減に作っているかが分かります。
来年の年賀状は途中まで彫ってある板があるので、そのままの絵柄を使う場合は大変楽です。
お店が無くなったので、今まで以上に版画に時間をかけられるので、より複雑で色数も多いものにも挑戦できます。したがって年賀状用ばかりでなく、ジャンルを限定されない、自分の彫りたい絵柄を日常的に自由気ままに取り組めそうです。
ただし、大判の版画は敬遠です。結構お金がかかります。ぜいたくは許されない身ですので無駄をしないよう気を付けます。
 12/2 土  版画完成です
 
柴犬3兄弟
 それまで彫り進めていた作品を突然止めて、急遽、テレビの映像の子犬に絵柄を変え、大急ぎで彫りあげました。年内に完成するかと危ぶみましたが、版画以外には時間を使わないと必死になって取り組み、何とか仕上げました。
 生き物の場合、表情をしっかり出さないと全体が死んでしまいます。特に目が重要です。少し苦労しましたが、何とかものになったようです。後は宛名印刷と人によってのコメントを書いて全てが終わります。昨年より枚数を減らしましたが、それでも多色刷り版画は仕上げるのに手間がかかります。
 毎年くだらない歌(短歌)を流行語大賞に引っ掛けて作るのですが、今年は上手く読み込めませんでした。
 11/24
金  ユズ切り
 
 昨日の朝に700g打ちました。今季初のユズ切りです。
大型のユズ3個のすりおろした皮47gを練りこみました。
お昼に、、生まれて初めて食べるという皆さんに(3人)食べてもらいました。好評でしたが、こちらとしては少々物足りない出来でした。いつも思うことですが、シーズン最初のユズ切りは「色、香り」がそれぞれいま一つ足りません。量は十分に入れましたがが、今回もやはりそうでした。特に香りが物足りなかったようです。

 来月になれば良いユズが手に入るでしょう。これぞ!!というようなユズ切りがきっと打てるはずです
 昨日の方たちは7回のそば打ちが終わりました。やはり3人の間にかなりの差が出てきました。一番進んでいる方は本人の申し出ででもありますが、そろそろ十割(生粉打ち)を打ってみようかということになりました。次回もう一度二八を打って様子を見てその次に打とうということにしました。なかなか意欲的な方です。
初心者の場合、ボウルを使う方が水回しが上手にできるので、思ったより簡単に生粉打ちが出来ます。
11/22  水  今冬初めてのユズ切り
 
明朝、打ちます
 ぽつぽつ、スーパーなどにユズが出回り始めました。明日は趣味の方の女性3名がそば打ちとつゆ作りに10時に見えます。本格的なユズ切りというものを見たことも食べたこともないと言っていたので、明日はお昼に出して、ビックリさせようと思っています。もちろんサービスです。
今日のユズは色味はやや薄いけど、大きさは大型の部類に入るなかなかのものです。香りもまずまずでした。
これから年末にかけてより良いものが出回るので楽しみです。

ユズ切りは大変美味しいのですが、三食続けて食べると飽きてしまいます。こういうソバはたまに食べるのが良いのでしょう。その点、生粉打ち、二八そばは三度三度、三日間食べつづけても美味しく食べられます。
今日はすりおろした中身をお風呂に入れて、一足早いユズ湯を楽しもうと思っています。

 11/16 木  秋の七草「フジバカマ」の苗と「アサギマダラ」
   
 左側の写真がフジバカマです。花は秋に咲きます。もう咲き終わった株です。何の変哲もない雑草のように見える地味な植物ですが、昔々の風流人が野に生えている花の咲く野草を七つ取り上げて「秋の七草」としたそのうちの1つです。全く派手さはありません。いまは昔からの自生のものはほとんどないそうです。ほとんどが品種改良された栽培種だそうです。今回植えたのは白花の品種ですが、ブルー、ムラサキ、ピンクなど、それぞれの薄い色から濃い色まで種類が沢山あるようです。葉に独特の香りがあります。特に乾燥させるとより強くなります。桜の葉の匂いとも言われますが、微妙に違いますね。実はこの香りが庭に植えた理由なのです。この香りに引き寄せられて長距離(1000キロ以上)の渡りをする「アサギマダラ」が渡りの途中立ち寄ってくれる可能性があるからです。中型で大変きれいな蝶ですが、まだ実物は見ておりません。前々から気になっていたましたが、この「フジバカマ」を植えたことによって、来年以降に蝶の立ち寄りが実現するかもしれしれません。楽しみです。この蝶の仲間で北米にいる「オオカバマダラ」も渡りをしますが、その距離と云ったらとんでもないものです。カナダ南部から中南米まで数千キロだそうです、世代を超えてたどり着くというのですからとんでもない奴です。途中で生まれた芋虫が蝶になって、死んだ親のDNAの遺志を継いで渡りをするというのですから自然界の昆虫の不思議にはただ驚くばかりです。本の写真やテレビの映像で渡りの終点でこの蝶が目指す木に集団で鈴なりになっているのを見たことがあります。そのすごさには圧倒されます。まるで蝶がなっている木です。木の葉や枝は全く見えません。葉っぱが全て蝶に変わっています。大げさな話ではなく、蝶の重みで枝が折れることがあるそうです。日本のアサギマダラはそこまでの大騒ぎはしません。ぜひ我が家に立ち寄って、ふわりふわりと優雅に飛ぶ姿を見せてください
以上、いろいろ書きましたが小生いわゆる「虫や」ではありません。動植物全て自然の生き物に少し興味があるだけです。
 11/12 日  久々の書き込みです

 
 お店や教室を閉鎖したら自由時間が増えるかと思ったら、いろいろなことが次から次と起こったり、あわせて今までやれないでいた事を一つ一つこなしたりで、結構忙しい毎日が続いてしまいました。それなのに、制作していた版画を途中でやめて、他のものに変えてしまいました。忙しいと言いながら何を考えているのやら・・・・・。
 実は、テレビの「志村なんとか」という動物が出てくる番組で柴犬の子犬3匹の映像を見て、あまりの可愛さに静止画面にしておいて慌てて写真を撮り、急遽予定になかった来年の干支の犬を彫ることにしてしまいました。彫り進めた途中のものは来年使えばいいや、犬は今度だけだからな(あと12年生き抜く自信がありません)と自分なりの言い訳もつけました
こんなことですから毎日の忙しさが倍加しています。
 これも余分の事ですが、秋の七草のひとつの「フジバカマ」を取り寄せて、庭に5本植えました。花のついた鉢植えの苗木一つがサービスに入っていました。
フジバカマ?何で???という方には次回書き込みをするときにお教えしましょう。
10/19  木  やっとやる気になりました

 
 毎日寒い日が続いています。昨日は晴れ間が出ましたのでいくらか気温が上がりましたが、今日はまた朝からの雨で昼間の気温もやっと12℃。例年の師走の寒さだそうです。
数日前からやっと版画に取り組む気になりました。当然、版画年賀状作りです。3つほど下絵の候補を選んで、トレペに描いてみました。どれにするかまだ決めかねています。こんな天気なのでインドア作業がピッタリです。


 カキが食べごろになりました。鳥たちにも食べごろです。
雨が降っている日は来襲がほとんどないのですが、晴れ間でも出たら大変です。ピーヨピーヨとうるさいくらいです。ヒヨドリが主体ですが時にはムクドリやカラスまで来ます。ウッカリしていると赤く色づいた甘そうなものから突っつかれてこちらの口には入りません。
 今年は当家のカキが一番早く熟れてきたようなので、集中攻撃にあっています。
昨日は鳥に食べられる前にと、まだ早いかなと思われるものも取って、隣家におすそ分けをしました。
カキは比較的カロリーが高いので、最近、体重が少し増えてきました。食事を減らすか、カキを減らすか、シェイクスピアの心境です。

 10/11 水  お魚定期便
 


クロムツ&しめ鯖
 昨日、いつもの池田君から釣魚の定期便が届きました。
今回は高級魚のクロムツが中心です。なかなかの良型です(40センチ~45センチ)。5匹も入っていました。他には中型ゴマサバ4匹です。
 最近は幻の魚と云われるアカムツ(ノドグロ)が有名ですが、知名度はイマイチですが、味はクロムツもなかなかのものです。大変美味しい魚で、市場でもたまに見かけますが高くてとても手が出ません。従って、ここ10年位口にしていませんでした。
早速、処理をして、クロムツは刺身で、ゴマサバはしめ鯖にして食べました。やはり、クロムツは美味しい。もっちりした歯ごたえで、脂が適度に乗って本当にうまい魚です。一度に1匹は食べられないので、上手に保管して半身ずつじっくり味わおうと思っています。また、この魚は煮魚も美味しいので、1匹は煮魚の予定です。新米、新ソバと共に楽しみます。アラもしっかり取っておいて、寒くなってきたら、鍋のだし取りに使います。

最近は釣行することがかなわなくなってしまいましたので、この定期便を楽しみにしています。本当にありがとう。
9/20  水  新ソバ粉入荷 
 今年は少し早いようです。北海道産です。
10月6日は趣味の仲間数人と「新そばを食べる会」です。
新そば粉での初打ちはその日になります。今年はどんな出来か楽しみです。新ソバ粉で打つと腕が上がったと勘違いするほど打ちやすくなります。当日の人たちはこれで2回目だし、新ソバなので、上手に打てるでしょう。


フライヤーを処分してしまったので、鉄製の天ぷらなべを買いました。
フライヤーを出したのも失敗でした。

 9/2 土  久しぶりのそば打ち 
 お店を閉じてから、4月に1回ソバを打ちましたが、それ以来です。数か月ぶりです。残っているそば粉で800g(約8人前)です。新ソバ粉が待たれます。
 ここ2か月は月に1回、趣味の悠々倶楽部の方達とうどんを打っていました。そのため、冷凍庫の中には「うどん」が十人前くらい入っています。今月からは皆さんの希望で「生パスタ」です。「うどん」を打ってきましたので、「生パスタ」は材料が違うだけで、「うどん」の応用が利きますので楽です。
それでも、「生パスタ」はここ1年以上打っていませんでしたので間違えてはいけないと予行演習を600gづつ2回ほどやりました。大丈夫でした。忘れていないようです。
 
 厨房の中は、主だった器具を大分整理しました。大型の恒湿冷蔵庫は大きすぎて(860㍑)外に出せないので八つ位に切断しました。製氷機やフライヤーも処分しましたし、電動鰹節削りや戸棚(ステンレス)2個、2槽シンク、業務用ビルトインエアコン等々。高いお金で買ったものを処分代を払って持って行ってもらうのですからやり切れません。冷凍庫はまだ必要性を感じて残しましたが、まだ残っているスポットエアコン、プレハブ冷蔵庫、フード、換気扇などを処分するときに出してしまおうと考えています。
冷蔵庫は全くないと生活していけないので家庭用の中型冷蔵庫を買いましたが、いままで大きなものを使っていたので大変不便を感じています。買いだめが出来ません。
今日の夕食は久しぶりでソバを食べます。つゆの鰹節は手で削りました。
電動を出したのは大失敗でした。
 8/22 火  こんなに大きくなりました
 
 コキア順調に育っています。真ん中は間隔が狭かったので二本が一体になってしまいました。右端は先日の雨と風で倒れかかったのをブロックで何とか支えています。秋の紅葉が楽しみです。
 朝の散歩で今月に入って初めての日の出が見られました。ていうことは21日間曇りか雨の朝だったわけです。
 稲も、植えた時期によって、もう実がなっているもの、穂が出てこれから花が咲くもの、穂さえまだ出ていないものと分かれています。穂が出たものも、良く見るとあまり充実していないものがあります。これから晴天の日が続けば今までの遅れをいくらかでも挽回できるでしょうが又雨の日になってしまうと相当打撃が大きそうです。予報ではこれから晴天が続くようなので希望が持てそうです。

今月は色々なことがあって、体力、気力共に参ってしまいました。どうしたことか、首まで回らなくなってしまいました。痛いのです。毎日、鎮痛剤と痛み止めの湿布をしています。寝返りが打てません。眠っていると無意識に寝返りをしてしまい、イタタタっと目が覚めます。前立腺ガンの手術の後の後遺症で夜中にトイレにたびたび起きますが、これに首が加わったのですから堪りません。完全なる睡眠不足です。
HPも時間がないので、なかなか更新ができません。
早く秋にな~れ!
 8/7 月  土用の丑の日
 
穴子です
 今年の丑の日は2日ありました。昨日が2回目の丑の日でした。ウナギは高いので、アナゴで蒲焼作ってみました。天ぷらにするには少し大きすぎるので、そのまま使わずに冷凍してあった穴子です。
タレはそばの「返し」です。砂糖と味醂を足してやや甘めに作りました。やはり、ウナギに比べ穴子はアブラが少ないので、仕上がりがイマイチです。照りが物足りません。当然味も物足りませんでしたが、気持ちの持ちようです。ウナギと思えばウナギです。まずまずの味です。美味しくいただきました。
 アナゴは天ぷら用の「メソッコ」と呼ばれる小さ目のものは価格が高目ですが、この大きさになるとキロ当たり少し安くなります。ウナギでないので土用の丑の日にこだわらずに、もっと自由に食べれば良いのかもしれません。
開くのも少し練習すれば何とかなります。
 7/19 水  梅雨が明けました

コキアです 
 当地区では雨らしい雨がほとんど降らないうちに梅雨が明けてしまいました。当然荒川水系の貯水池の水は少なく、現在、全体で満水時の60%弱になってしまい20%の取水制限も検討していとのこと。場所によっては死者が出るほどの大雨が降っているというのに世の中上手くいかないものです。
 写真のコキアは一番小さいのは散歩の途中にあったものを拝借、あとの3本はホームセンターで買ってきました。1本140円です。別名「ほうき草」です。。子供のころ群馬の我が家の庭にも毎年数本育っていました。枯れたほうき草の元を縛って箒として使っていたのを思い出します。なつかしい草です。実は「とんぶり」と言って食べられます。雨が少ないので、時々水撒きをしていたら、だいぶ大きくなってきました。秋には枯れる前に真っ赤に色づきます仕事をやめてから、少しは庭の事にも目が行くようになりました。野草を植えたり、安い物を買ってきたり、それなりに楽しんでいます昨年、庭に種をまき、野草にしては綺麗な花をつけた「ナガミヒナゲシ」4/17の種が沢山取れたので、庭の至る所に種をまいておきました。来年はナガミヒナゲシの花園ができるでしょう。
 7/10 月  年中行事です
 
 今日は年中行事の検査の日でした。写真のメタボ検診に肺炎球菌ワクチン予防接種に胃カメラです9時40分から始めて11時10分には全部終わりました。胃カメラは口から入れる方をお願いしています。大変上手な先生で、いつもご指名です。
メタボ検診は身長測定でビックリです。昨年より
5センチ(5ミリのまちがいでした)。5ミリも縮んでいました。。体重は3.5㌔減っていましたが腹囲は昨年と変わりません。早朝、散歩などして努力しているのですが体型はますます悪くなるようです。
散歩などのトレーニング(?)を諦めずにもう少し頑張ってみましょう。来年はきっとスリムになっているはずです。
 6/30 金  本日で業務終了   17年2か月7日間、お世話になりました。関係の役所に「廃業」の届けを郵送しました。
このホームページを「けんとうカルチャーセンター」から「趣味の部屋 けんとう悠々 倶楽部」に衣替えしようと懸命に作業しているのですが、あまりうまくいきません。汗だくになって頑張っていますが少し怪しくなってきました。頭を少し冷やした方が良いかもしれません。急いで仕上げようとすると、ろくなことはありません。中途半端ですが今日はこの辺でやめておきます。失敗して全てがオシャカになって、0から作り直すのは御免です。ゆっくり落ち着いてできる時にボツボツ、トライしてみます。
 6/26 月  目には青葉・・・・・
 初鰹です。2.4㌔です。生徒さん2人の希望で、今日は無謀にもカツオを下ろすことになりました。4月13日が第1回目、そして今日までで追加2回を入れて8回でカツオを下ろすまでになりました。なかなか筋の良いお二人でした。
 カツオの処理は、途中、講師が手を出しましたが、無事3枚おろしが終了。
 そのあとの調理はお二人の希望で、土佐作り、銀皮作り、刺身、生利(なまり)の4種類を作りました。
「生利」は子供のころ、母が甘辛く煮つけて食べさせてくれたので知っていましたが、最近あまり見かけなくなった食品の一つです。当然、自分で作るのは初めてですので、ネットからレシピをお借りしました。簡単に云うと蒸しカツオまたはボイルカツオです。
 調理したカツオの数々は、講師が少し上前を撥ねましたが、残りは2人で仲良く分け合い、かなりの量を持って帰りました。夕食はカツオ尽くしです。酒好きにはこたえられない肴の数々です。

 
7月~9月半ばの期間は魚の痛みも早いので、この期間は魚関係の集まりは休みにして、めん関係の集まりをしていきます。秋になると、違った魚も市場に出てくるのでそれを楽しみにし、ばらくお休みです。
 

当センターの教室関係は、水曜日の女性の方の「そば打ち教室」で公式には終わりますが、この方は規定の回数が終了しないので、7月に2回持ち越しするようになります。


余談、小生はカツオは断然「初鰹」派です。脂の乗ったものも美味しいのですが、カツオ本来の独特の香り、色、食感は初鰹にとどめを刺します。づけ丼など最高です。
晩酌が楽しみです。
 6/1 木 
今月いっぱいで閉鎖です 
 TOPページでもご紹介の通り、そば店に続き、教室も閉鎖することに決めました。そば教室はお店を始めた1年後からボツボツ始めて、10年前から本格的に展開してきましたが最近は生徒さんの数も少なってきたので、健康の事、今後の生き方の事を考えて、きれいさっぱり身を引くことにしました。いま数名の生徒さんがいますが、教わりたいことがまだあるという事なので、これからは事業としてではなく、趣味の会という形にして、私が持っている技術、知識を伝えていこうと思っています。
趣味の会も、どのような形を取ったら良いのか分からないので、皆さんのご意見を伺いながら試行錯誤しながら作り上げていこうと思っています。
このHPも必要が無くなったページは削除しながら、名称などを変えて、しばらくは存続させるつもりです。
 4/23 日  久しぶりにそば打ち 
 3月26日が、お店での最後のそば打ちでしたが、それ以来ソバを打っていないし、食べてもいませんでした。
さすが、最近はソバが食べたくなってきましたが、なかなかそば打ちの時間が取れませんでした。やっと今日そば打ちが出来ました。500gで生粉打ちです。加水率は50%。49%で始めましたが、安全策を取り、途中で1%の加水をしました。今日の昼食は久しぶりのソバです。
 3/27 月  ラスト そば

今朝、食べました 
 とうとう昨日で17年間のそば屋人生が終了しました。今月で終了ということで、3月に入ってからはお客様の数も増え、特にこの3日間は当店にしては大勢のお客様においでいただき、大忙しになってしまいました。昨日は幸いにも、以前、店で働いてもらっていたOさんがボランティアでお手伝いに来てくれて大助かりです。最後の日の店の写真でもと準備をしていたのですが忙しくて(忘れて?)何も撮れませんでした。
常連さんはこの3日間でほとんどの方がお見えになりました。お別れするのが惜しい方達ばかりですが、店が無くなればもうお会いできない方も沢山います。このお店はこの方たちによって支えられていたのだと思うと感謝感謝です。
長い間ありがとうございました。どこかでお会いするかもしれません。その時はよろしく。
小生、しばらくは現在地で版画など彫って暮らしています。
そうそう、教室はまだありました。こちらもよろしく。
3/25  土  更科生一本 
 今朝、ラス前の更科生一本打ちました。最初の1㌔はやや硬めでしたが、次の1㌔は修正をして、ほぼ完璧に仕上がりました。朝食に硬めの方を食べましたが何の問題もありませんでした。やはり小麦粉のつなぎがない分すっきりとした味で甘みもややあり、大変美味しく食べられました。明日、生粉打ち1回と更科生一本2回打って、そば屋としてのすべてのそば打ちが終了です。相当早起きをしなければなりません。最後だと思って頑張ります。
 3/22 水  最後のつゆ作りです。
 
 こんな鰹節を使います。右から雄節(成魚の背)、雌節(成魚の腹)、亀節(幼魚の半身)。亀節はこの半身を真ん中から割って、雌節と雄節に分けて、全部の節のカビを良く洗い流し、これをぬるま湯にしばらくつけて、皮をこそげ落として、約1日天日で干して、削り器で削ってだしを取ります。
美味しいつゆは最終的には鰹節を自分のところで削るにとどめを刺します。醤油、味醂も吟味したものを使わなければダメですが、最後の味はカツオから出るダシです。お店によっては節類も宗田節、サバ節、アゴに昆布なども使いますが、当店では初めのころは色々使ってみましたが最後に行きついたのがこの3種類のカツオだしでした。本当に美味しいソバつゆです。返しと共にこのダシは他の料理に使えますので、自家製の削り節のダシ取りはこれからも続けます
3/21  火  更科生一本(さらしなきいっぽん)の粉
 
 閉店まで残り数日になりました。25(土)26(日)の最後の2日間は画像の御前粉(更科粉)の十割の「更科生一本」と普通のそば粉(並粉)の十割の「生粉打ち」を打ちます。「更科生一本」は練りこむ材料がないので事前準備をしなくて良いのが助かります。しかし、打つのが少々難しいので、2日間は一度に沢山打たず、1㌔を2回づつと予定しています。これで終わりと思うとやはり一抹の寂しさを感じます。
お店を閉じても、ソバを打つのは大変楽しいので、自家用にたまには打つと思いますが、変わりソバは面倒なのでチョット考えてしまいます。

教室はまだ少しやりますので、このHPはそば店のページを削除してからも、しばらく続けます。たまには覗いてみて下さい。

魚下ろし教室は1年前にやめたのですが、3年前の生徒募集の広告を切り抜いて持っていた方が見え、何とかならないかとの気迫に押され、仲間がいればという条件で、4月から3人で始めます。
おばちゃんには負けます。
 3/19 日  サクラそば、好評です 
 約1年ぶりの「サクラそば」です。昨日、今日と2日間打ちました。明日20日も打ちます。事前準備が大変なソバですがお客様皆さんが「大変美味しい」と言ってくれますので、その苦労も飛んでしまいます。昨日初めて見えたご夫婦の方はこのソバの美味しさにビックリ、今日もお二人で見えましたし、明日も来るということです。2日間大忙しです。年です。疲れが出てきました。
忙しいので、いつものことですが、お客様にお出しする完成状態の写真が取れません。

相変わらず、お客様にはなぜやめるのか、また復活してくれ、などど毎日責められます。勘弁してください。復活は絶対ありません。もういいでしょう、少しゆっくりさせてください。
3/14 火  「サクラそば」は葉を使う 

桜の葉
 サクラそばはサクラの花を使うと思っている方が多いのですが、実は食用になる大島桜の若い葉の塩漬けを使うのです。桜餅に使われるものと同じです。ですからサクラそばは桜餅の香りがします。塩出しをして葉脈をできるだけ除いて細かく切って擂り潰すのです。処理が大変面倒です。手間がかかります。当店では1㌔の生地に50枚の割で葉を練りこみます。
白い粉に葉をすりつぶしたものを入れるので、当然色はピンクになりません。従って、ほんのわずかですが食紅を入れて色を出します。
今まで気が付かなかったのですが、今日サクラの葉のパウダーがあるのを見つけました。昨年はなかったように思います。もっと早く分かっていれば、今年は苦労しなかったのにと思うと。残念です。もう来年は店がありません。遅かりし由良の助、です。
今年は18~20日と3日間お出しするので量が多くなります。200枚です。昨日、ほぼ処理を終えました。仕上げは明後日です。
そば打ちが好きでなければこんなことは出来ません。
 3/13 月  3月26日(日)の最終日は・・・・・   3月26日の最終日はお客様の御要望で閉店時間を延長して、午後5時といたします。
当初は売り切れ仕舞いと考えていたのですが、あるお客様が所用が出来てどうしても3時以降でないと来られないとの事なので時間延長いたしました。17年間お世話になったご夫妻ですので、最後までしっかり対応していこうと思っています。
 3/11 土  レモン切り
  
 レモン切りです。擂った皮を沢山入れましたがユズに比べて色が大分薄く仕上がりました打っていて黄色がなかなか出てこないので、量を入れ過ぎたようです。香りが強くなりましたが、女性のお客様には好評でした。完売です。明日は少し調整します。
 3/4 土  昼夜そば
 
 昼夜そば、1年ぶりに打ちました。やはり大変でした。1.3㌔打つのに1時間40分かかりました1年に2~3回打てば十分です。珍しいそばとして皆さんにお見せするためには打ちますが、自分用には打たない種類のソバです。風味がやや薄いのが残念ですが、まずまずの美味しさです。
明日の「昼夜」がソバ打ち人生の最後の「昼夜」になるでしょう。
 3/1  水 川海苔です 
 3月4・5日(土日)に打つ「昼夜そば」に使う川海苔をミルで粉末にしたものです。32gあります。これを2日に分けて練りこむわけです。2色にするもう1色は真っ白の更科ソバです。白対グリーンの比率は6:4~7:3の範囲で決めていきます。煉りは2回しなければならないし、2色合わせてからも比率の違う2色を無駄が出ないように可能な限りピッタリ合わせて延ばさなければならないので、とにかく面倒なソバです。本音ではあまり打ちたくない変わりソバです。川海苔の香りがしてなかなか美味しいソバです。

確定申告終わりました。気分的に大変楽になりました。
普段は忙しいため、色々なことをやり残していますが、家の内外の整理整頓、廃棄掃除などもその1つです。4月以降の本格的な始動に備えての予備活動を本日から少しづつ始めていきます。
他に、まだやりたいこともいくつかあるし、お店をやめても忙しい毎日になりそうです。
社会に出てか52年(?)、とにかく走るつづけた人生でした。この調子でこれからも体力が続く限り走っていくでしょう。
 2/26 日  トウガラシ切り
 
 昨日・今日と「トウガラシ切り」でした。はじめは「七味」と謳っていたのですが先週の金曜日に「七味唐辛子」だけで試し打ちをしたところ、辛さがほとんどなく、色味もややくすんでしまったので、急遽「一味唐辛子」を6割ブレンドして打ったのが写真のものです。従って、七味の名前は返上しますが、辛さも色も味も合格点です。お客様にも大好評でした。
変わりソバは大人気です。3月26日で閉店ということもあり、お客様が予想以上に訪れてくれます。一人での対応なので、大変忙しく、いつも変わりソバの完成品をLIVEでご紹介することが出来ません。今日はいつもの池田氏が昨日「鹿島港」に釣行したと言って貴重なヤリイカを3杯持ってきてくれました。彼はこのところついていません。海に嫌われているようです。その彼にお出しした「トウガラシ切り」の写真を撮ってもらい、やっとこの欄に載せることが出来ましたが、今日で唐辛子は終わりですので、あまり意味がなかったようです。
来週は吉野川の川海苔と更科ソバの「昼夜そば」です。
二種類のソバを一度に打つので手間がかかります。沢山の量を打つ事が出来ませんので早い者勝ちになるでしょう。「せいろ」はタップリ打っておきます
 2/20 月  今朝、バジル切りを食べました。
 
 自分用に残しておいた「バジル切り」を今朝食べました。
やはり、大変美味しい。 お店を閉じても個人的に打って食べたい味、香りです。
食材(バジル)の処理(生、乾燥共)が楽だし、通年店頭にあるので、粉さえあればいつでも打てます。また、バジルはトマトと大変相性が良いので、つゆをトマトジュースを使った「イタリアン」風にしても美味しいかもしれません。一度試してみましょう。邪道などという「保守的」な考えは捨てて冒険、チャレンジです。
 2/19  日 昨日、今日と2日間「バジル切り
 
 昨日は1.2㌔、今日は1.3㌔の当店の最初で、最後の「バジル切り」を打ちました。昨日はフリーズドライのみじん切りの乾燥葉を7割、生の葉を3割、本日は生の葉を9割、乾燥葉を1割で打ってみました。やはり、生の葉の方が色、香り、甘みに優れていました。
当然、来店のお客様は両日とも8割の方がバジル希望です。美味しいと大好評です。食わず嫌いでしょうか、年配の男性のお客様がどうも敬遠するようです。
 昨日は、一人での対応限度のお客様が見えましたので、お客様にお出しする段階のバジル切りの画像は撮れませんでした。
同じグリーンでも、茶そば、シソ切り、ヨモギ切りなどとは少し違う色味に仕上がります。綺麗です。なかなか良い色です。

来週は七味唐辛子切りです。こちらも初めてです。どのようなソバに仕上がるか楽しみです。
2/11  土  ヨモギそば

1㌔以上はめん棒を3本使います。 
  ヨモギを沢山入れて打ちました。生の状態でも緑が鮮やかです。
 今日のお客様も大変美味しいとおっしゃっていました。お店が無くなるのはもっ たいないともおっしゃっていました。
 明日は当店の最後のヨモギ切りを打ちます。

 これから3月26日まで、変わりソバ数種とせいろを今までで最高の出来ばえ になるよう、渾身の力で悔いのないよう打つつもりです。
 2/1 水  試し打ちのバジル切り
 
ビックリするくらい美味しい
 本日(2/1)バジル切り試し打ちをしました。二八で500gです。バジルはスウィートバジルの生の葉と乾燥葉を使いました。ハーブ系は初めて打ちますし、香りをどのレベルでつけたら良いのか分かりません。手探りです。強すぎたら食べられなくなるので、試し打ちは必須です。結果はピッタリでした。もう少し香りがあってもいいかな?という感じでしたが、大変おいしいのです。香りがほんのりあって、甘みもあります。何故もっと早く打たなかったのか、と悔やまれるくらい美味い。味では当店の変わりソバの中でもトップクラスです。打ちやすさもトップクラスです。今回1回で皆さんにお出しするのは最後です。お客さんに食べていただく機会はなくなります。本当に残念です。


確定申告書作成終了。今回は苦労しました。会計ソフトがこちらのミスで使えない状態になってしまいました。
最近、いろいろミスが多いようです。脳の老化が進んでいるのかな?
 1/23 月  21・22日のユズ切り
 
 見事な色です。2日間ともに香り、味ともに申し分ありませんでした。
2日間当店の対応限度のお客様においでいただきました。ありがとうございました。皆さん、「ユズ切り」が目当てでした。
お店は小生一人での対応なので、中にはだいぶお待ちいただいた方もおられましたが、文句もいずお待ちくださいました。心よりお礼申し上げます。

お店を始めた当時ですと、これだけユズを入れると、切れやすくなったものですが、打つ技術もだいぶ向上しましたし、新しい独特の打ち方も開発したので、今はどの食材を限度ぎりぎり入れても切れない自信があります。

この技術を引き継げる人がいればよいのですが、なかなか難しそうです。
1/22  日  最後の「ユズ切り」
 
 今回はゆずを限度ぎりぎり入れてみました。写真に見る通り、大変色が濃く出ています。今までで最高の香りと味が楽しめるはずです。昨日打ったのより香りが強いです。

前ページ