TOP   版画ギャラリー ソバの打ち方  ソバあれこれ


けんとうブログ

H29年7月1日より「きまぐれ編集室」から「けんとうブログ」に名称を変え
当倶楽部に関する事ばかりでなく、身の回りの情報を、気ままにお伝えしていきます。
見出しは変わりましたが内容は旧態依然またく変わりありません。悪しからず!
掲載ボリュームが多くなると、編集者の勝手な判断で、どうでもよい部分は削除させてもらっています。

  2017年
 月日 曜日   見出し  情報       
10/19  木  やっとやる気になりました

 
 毎日寒い日が続いています。昨日は晴れ間が出ましたのでいくらか気温が上がりましたが、今日はまた朝からの雨で昼間の気温もやっと12℃。例年の師走の寒さだそうです。
数日前からやっと版画に取り組む気になりました。当然、版画年賀状作りです。3つほど下絵の候補を選んで、トレペに描いてみました。どれにするかまだ決めかねています。こんな天気なのでインドア作業がピッタリです。


 カキが食べごろになりました。鳥たちにも食べごろです。
雨が降っている日は来襲がほとんどないのですが、晴れ間でも出たら大変です。ピーヨピーヨとうるさいくらいです。ヒヨドリが主体ですが時にはムクドリやカラスまで来ます。ウッカリしていると赤く色づいた甘そうなものから突っつかれてこちらの口には入りません。
今年は当家のカキが一番早く熟れてきたようなので、集中攻撃にあっています。
昨日は鳥に食べられる前にと、まだ早いかなと思われるものも取って、隣家におすそ分けをしました。
カキは比較的カロリーが高いので、最近、体重が少し増えてきました。食事を減らすか、カキを減らすか、シェイクスピアの心境です。

 10/11 水  お魚定期便
 


クロムツ&しめ鯖
 昨日、いつもの池田君から釣魚の定期便が届きました。
今回は高級魚のクロムツが中心です。なかなかの良型です(40センチ~45センチ)。5匹も入っていました。他には中型ゴマサバ4匹です。
 最近は幻の魚と云われるアカムツ(ノドグロ)が有名ですが、知名度はイマイチですが、味はクロムツもなかなかのものです。大変美味しい魚で、市場でもたまに見かけますが高くてとても手が出ません。従って、ここ10年位口にしていませんでした。
早速、処理をして、クロムツは刺身で、ゴマサバはしめ鯖にして食べました。やはり、クロムツは美味しい。もっちりした歯ごたえで、脂が適度に乗って本当にうまい魚です。一度に1匹は食べられないので、上手に保管して半身ずつじっくり味わおうと思っています。また、この魚は煮魚も美味しいので、1匹は煮魚の予定です。新米、新ソバと共に楽しみます。アラもしっかり取っておいて、寒くなってきたら、鍋のだし取りに使います。

最近は釣行することがかなわなくなってしまいましたので、この定期便を楽しみにしています。本当にありがとう。
 10/8 日  秋の味覚 
 
サンマ

庭のカキ
 やっと今年初の秋刀魚を食べました。昨日、市場に行き、サンマを仕入れてきましたが、やはり今年のサンマは期待はずれでした。型が小さいし身に厚みがありません。当然脂の乗りもイマイチでした
庭のカキは、昨年は除草剤の影響で落果が多く、口に入ったのは幾つかでしたが今年は豊作です。収穫にはまだ少し早いようです。これから鳥との駆け引きが始まります。
 先週6日(金曜日)に予定通り、3人の趣味の方と「新ソバを食べる会」をやりました。10時から皆さんはソバ打ちです。ボウルで打つやり方で、300gを二八で打ちました。皆さんそば打ちは2回目ですが、やはりうどんを打つ様には行きません。始めから最後までこちらの指導付きでした。太さにバラつきはあるものの何とか完成。
後半は、天ぷらを揚げて皆さんと食事会です。早朝、こちらで「生粉打ち」1㌔を打っておきましたので、それも試食してもらいました。ちなみに、茹で時間は皆さんが打ったのは1分半から2分。小生の生粉打ちは20秒。この違いには皆さんビックリ。食べては味の違いにビックリ。
帰りには生粉打ち2人前ずつ、つゆ付きでお土産に持って帰ってもらいました。
 今回の新ソバ粉は香り味ともにあと一歩。11月以降の粉に期待しましょう。

データー、 粉は北海道産。加水率は二八で46%、生粉打ちで50%でした。
9/20  水  新ソバ粉入荷 
 今年は少し早いようです。北海道産です。
10月6日は趣味の仲間数人と「新そばを食べる会」です。
新そば粉での初打ちはその日になります。今年はどんな出来か楽しみです。新ソバ粉で打つと腕が上がったと勘違いするほど打ちやすくなります。当日の人たちはこれで2回目だし、新ソバなので、上手に打てるでしょう。


フライヤーを処分してしまったので、鉄製の天ぷらなべを買いました。
フライヤーを出したのも失敗でした。

 9/18 月  百舌鳥の高鳴き
 
 台風一過の秋晴れ。百舌鳥の高鳴きの初鳴きがありました。
昔から、モズの高鳴き75日と言われているようです。
モズの高鳴きから75日経つと霜がおりると云う意味だそうです。いわゆる観天望気の一つです。
全く関係ありませんが、人のうわさも七十五日という言い習わしもあります。日本人はこの75日が昔から好きなようです。
初物を食べると七十五日命が伸びるという、故事ことわざもあります。
調べればまだあるかもしれません。

 9/16  土 秋の味覚 第2弾
 
 昨日に引き続き、秋の味覚です。登記の手続きでお世話になった方に沢山の栗を頂きました。庭に実ったとのこと。
 早速、昨日手に入れた新米で栗ごはんを作ります。鬼皮、渋皮をむくのが面倒ですが、頭を悩ましていた二つの懸案事項が解決に向かいましたので、頭の中がゆったりのんびりしています。テレビでも見ながら皮むきをします。これに秋刀魚があれば申し分ないのですが、今日スーパーで見かけたのは1尾180円。小さく痩せていました。食指が動きません。今年はサンマは諦めました。
 9/15 木  新米です
 
 朝の散歩で顔を合わす地元の方の紹介で当地産の「新米」を購入しました。玄米で30kです。この分量は小生の1年間分です。
 当方、主食の炭水化物は「そば」、「うどん」、「生パスタ」、「中華めん」、「パン」とバラエティに富んでいるので、お米はこれだけ有れば十分です。ソバを除いた4種類の主食は時間のある時に打って冷凍ストッカーに常備するように心がけていますが、「そば」は冷凍が出来ないのでストックできません。打ったら2~3日で全部食べないといけません。9月2日に打った8人前のソバも2日半で全部食べてしまいました。ソバは美味しくて好きなので、3日くらい毎食連続で食べ続けても大丈夫ですが、他の麺とパンはこうは行きません。同じ種類ですと続けても連続2回です。食べ比べてみると良くわかりますが、そばは麺としての味は他のめんの追随をゆるしません。最高の美味しさです。
 新ソバ粉もそろそろです。取引のあったそば粉屋さんに聞いてみたら、9月末には届けられるということでしたので、早速そば粉10kと割粉(つなぎの小麦粉)10kを注文しておきました。

 昨日は中華めん作りで頑張っていただいた趣味の会の女性3人組の方達に新ソバの話をしたら、来月6日に「新そばを食べる会」を開こうということになりました。とにかく食べることが好きな連中です。当日は前半そば打ちに挑戦していただき、後半は打ったソバを皆で食べるという趣向です。天ぷらも好みの食材を持ち寄って皆さんにも揚げてもらうことにします。当然、小生の打ったソバも食べてもらいます。生粉打ちで打ちますよ!新ソバ粉の10割、こたえられません。最高の味です。
 9/2 土  久しぶりのそば打ち 
 お店を閉じてから、4月に1回ソバを打ちましたが、それ以来です。数か月ぶりです。残っているそば粉で800g(約8人前)です。新ソバ粉が待たれます。
 ここ2か月は月に1回、趣味の悠々倶楽部の方達とうどんを打っていました。そのため、冷凍庫の中には「うどん」が十人前くらい入っています。今月からは皆さんの希望で「生パスタ」です。「うどん」を打ってきましたので、「生パスタ」は材料が違うだけで、「うどん」の応用が利きますので楽です。
それでも、「生パスタ」はここ1年以上打っていませんでしたので間違えてはいけないと予行演習を600gづつ2回ほどやりました。大丈夫でした。忘れていないようです。
 
 厨房の中は、主だった器具を大分整理しました。大型の恒湿冷蔵庫は大きすぎて(860㍑)外に出せないので八つ位に切断しました。製氷機やフライヤーも処分しましたし、電動鰹節削りや戸棚(ステンレス)2個、2槽シンク、業務用ビルトインエアコン等々。高いお金で買ったものを処分代を払って持って行ってもらうのですからやり切れません。冷凍庫はまだ必要性を感じて残しましたが、まだ残っているスポットエアコン、プレハブ冷蔵庫、フード、換気扇などを処分するときに出してしまおうと考えています。
冷蔵庫は全くないと生活していけないので家庭用の中型冷蔵庫を買いましたが、いままで大きなものを使っていたので大変不便を感じています。買いだめが出来ません。
今日の夕食は久しぶりでソバを食べます。つゆの鰹節は手で削りました。
電動を出したのは大失敗でした。
 8/22 火  こんなに大きくなりました
 
 コキア順調に育っています。真ん中は間隔が狭かったので二本が一体になってしまいました。右端は先日の雨と風で倒れかかったのをブロックで何とか支えています。秋の紅葉が楽しみです。
 朝の散歩で今月に入って初めての日の出が見られました。ていうことは21日間曇りか雨の朝だったわけです。
 稲も、植えた時期によって、もう実がなっているもの、穂が出てこれから花が咲くもの、穂さえまだ出ていないものと分かれています。穂が出たものも、良く見るとあまり充実していないものがあります。これから晴天の日が続けば今までの遅れをいくらかでも挽回できるでしょうが又雨の日になってしまうと相当打撃が大きそうです。予報ではこれから晴天が続くようなので希望が持てそうです。

今月は色々なことがあって、体力、気力共に参ってしまいました。どうしたことか、首まで回らなくなってしまいました。痛いのです。毎日、鎮痛剤と痛み止めの湿布をしています。寝返りが打てません。眠っていると無意識に寝返りをしてしまい、イタタタっと目が覚めます。前立腺ガンの手術の後の後遺症で夜中にトイレにたびたび起きますが、これに首が加わったのですから堪りません。完全なる睡眠不足です。
HPも時間がないので、なかなか更新ができません。
早く秋にな~れ!
 8/9 水  今夏一番の暑さ
 
栃木方面、入道雲
 暑い!暑い! 現在1:06pmです。窓を開けて扇風機をまわしての室内、35℃あります。わずかづつですがまだ気温が上がっています。我慢比べです。湿度も43%くらいあるので、空気がカラッとしていませんが、台風の雨で汚れが取れたのでしょう、空が真っ青です。日差しがピリピリと痛いくらいです。家の裏から北の方を見ると「入道雲」が出ています。栃木県の方角です。こんな時は夕立が欲しいのですが、はかない望みで終わりそうです。
今年の「セミ」の異変。
 アブラゼミが極端に数が少ないようです。例年ですと今頃は「アブラゼミ」の声が圧倒的に多いのですが、今年はあまり聞かれません。今も、この暑さで鳴いてるのは「ニイニイゼミ」と遠くで聞こえる「ミンミンゼミ」だけです。いったいどうしてしまったのでしょう。この辺りの局地的な現象でしょうか?
 一昨日は「ツクツクホウシ」の鳴き声が聞かれました。毎年、立秋の頃から鳴き始めます。ああ、もう秋が来るな、と感じさせるのですが、小学生のころはこの声を聴くと夏休みが半分過ぎたけど宿題を全然やっていないな、と内心穏やかでなくなったものです。
ほろ苦い思い出です。

 8/7 月  土用の丑の日
 
穴子です
 今年の丑の日は2日ありました。昨日が2回目の丑の日でした。ウナギは高いので、アナゴで蒲焼作ってみました。天ぷらにするには少し大きすぎるので、そのまま使わずに冷凍してあった穴子です。
タレはそばの「返し」です。砂糖と味醂を足してやや甘めに作りました。やはり、ウナギに比べ穴子はアブラが少ないので、仕上がりがイマイチです。照りが物足りません。当然味も物足りませんでしたが、気持ちの持ちようです。ウナギと思えばウナギです。まずまずの味です。美味しくいただきました。
 アナゴは天ぷら用の「メソッコ」と呼ばれる小さ目のものは価格が高目ですが、この大きさになるとキロ当たり少し安くなります。ウナギでないので土用の丑の日にこだわらずに、もっと自由に食べれば良いのかもしれません。
開くのも少し練習すれば何とかなります。
7/25  火  お魚定期便
 
 いつもの池田君からの定期便です。一昨日、23日(日)届きました。写真の魚は「鯒(コチ)」です。体調49センチありました。中型です。夏が旬で「照りゴチ」と言って真夏の暑い日が続くようになると盛んに釣れるようになります。メゴチと呼ばれるずっと小さく形がそっくりなものとは全くの別種です。淡白な白身で上品な味の魚です。活け締めをして、当日なら「洗い」で食べられます。「洗い」は筋肉の組織がまだ生きていないと作れません。活魚で作るのが一番ですが、生かして持って帰るのは至難の業です。昨日、一昨日と刺身でいただきました。
今回の定期便は主体は「フグ」でした。「鯒」は外道です。大きいフグばかり12尾で、一番大きいのは処理前だったら40㎝位あったと思われます。当然、白子付きです。魚体が大きいので白子もジャンボです。日曜の夜はフグと鯒の刺身、白子のポン酢和えと大変豪華な晩酌になりました。
最近は体力的に釣行は控えていますので、定期的に釣果を届けてくれる若者がいるので助かります。釣りに行かなくても新鮮な魚には不自由しません。
 7/21 金  涼んでいます
 
 朝の散歩でいつも遇います。ジャーマンシェパード18歳の雌で名前は「ビケ」だそうです。人間の年に換算すると80歳を超えているとのこと。 シェパードにしてはやや小ぶりで、顔つきも穏やかでなかなか可愛いワンちゃんです。おばあちゃんが散歩に連れているのですが、田に水を引く、いつもの水路にくると、この暑さには堪りません。中に入って水につかり、どうやっても出ないのだそうです。よっぽどその涼しさが気に入っているのでしょう。この暑い中、歩くより水の中の方がずっと良いにきまっています。30~40分は動かないそうです。おばあちゃんは一緒に水につかるわけにもいかず汗をかきかき立ちんぼです。大型犬なので引っ張り出すのにも一苦労。
毎朝、会うのを楽しみに散歩をしています。
 
昨日お会いした時、今日の写真撮影のアポイントをお二人に取っておきました。
 7/19 水  梅雨が明けました

コキアです 
 当地区では雨らしい雨がほとんど降らないうちに梅雨が明けてしまいました。当然荒川水系の貯水池の水は少なく、現在、全体で満水時の60%弱になってしまい20%の取水制限も検討していとのこと。場所によっては死者が出るほどの大雨が降っているというのに世の中上手くいかないものです。
 写真のコキアは一番小さいのは散歩の途中にあったものを拝借、あとの3本はホームセンターで買ってきました。1本140円です。別名「ほうき草」です。。子供のころ群馬の我が家の庭にも毎年数本育っていました。枯れたほうき草の元を縛って箒として使っていたのを思い出します。なつかしい草です。実は「とんぶり」と言って食べられます。雨が少ないので、時々水撒きをしていたら、だいぶ大きくなってきました。秋には枯れる前に真っ赤に色づきます仕事をやめてから、少しは庭の事にも目が行くようになりました。野草を植えたり、安い物を買ってきたり、それなりに楽しんでいます昨年、庭に種をまき、野草にしては綺麗な花をつけた「ナガミヒナゲシ」4/17の種が沢山取れたので、庭の至る所に種をまいておきました。来年はナガミヒナゲシの花園ができるでしょう。
 7/10 月  年中行事です
 
 今日は年中行事の検査の日でした。写真のメタボ検診に肺炎球菌ワクチン予防接種に胃カメラです9時40分から始めて11時10分には全部終わりました。胃カメラは口から入れる方をお願いしています。大変上手な先生で、いつもご指名です。
メタボ検診は身長測定でビックリです。昨年より
5センチ(5ミリのまちがいでした)。5ミリも縮んでいました。。体重は3.5㌔減っていましたが腹囲は昨年と変わりません。早朝、散歩などして努力しているのですが体型はますます悪くなるようです。
散歩などのトレーニング(?)を諦めずにもう少し頑張ってみましょう。来年はきっとスリムになっているはずです。
7/7  金  鯉ではなくナマズでした

グーグル画像から 
 7/5に見た「鯉らしきものの」姿は昨日はすでに見られませんでした。
ところが今朝、田圃の脇の水が流れている側溝に40センチ強の大きなナマズが泳いでいるのを発見。疑問解消、一昨日の正体はナマズでした。ナマズも今が結婚シーズンです。バシャバシャはしゃぐわけです。ウィキペディアで調べたら、卵は2~3日で孵化するとのこと。すぐにミジンコなどの餌を食べ始めるようです。将来田圃の水が無くなることの対策は十分に出来ているようです。しかも、餌が少なくなれば共食いもどんどんします。そのため昔はナマズの養殖は出来なかったのです。したがって、当時(20年前)のナマズ料理は1部を除いてはほとんどがアメリカナマズでしたが、20年くらい前から共食いをしない養殖法を完成させて、それ以降は日本ナマズが料理店に出されるようになりました。その頃は当そば店でも吉川市(当時は町)の知人が関係する養殖池から、生きたままのナマズを取り寄せ、好みが分かれましたがナマズの天ぷらをお出ししていました。女性の方は食わず嫌いで敬遠する方が多かったようです。懐かしい思い出です。

 7/5
水  生物情報 3つ
 
オスの雉
 台風一過の晴天とはいきませんでした。雲の多い晴れです。
昨日の午前中、「ニイニイゼミ」初鳴きを聞きました。今年は少し早いような気がします。。
今朝、散歩に出たら、昨夜の台風の大雨で水が増えた田圃のいくつかに、まずまずの大きさの魚が1匹~数匹づつ泳ぎ回っていました。30㎝位の鯉の様です。中には身体を水面に乗り出してバシャバシャやっているカップルもいました。今の時期はコイ科の魚は(特に鯉、鮒)は「乗っ込み」と言って結婚シーズン真っ最中の時です。
子孫を残すために頑張っていました。
そのうち田圃は水が引いてしまうので、親と生まれた子共達はどうなるのでしょう。他人事ながら気になります。
戻ってきたら、我が家と道路を隔てた畑(刈り入れが終わった麦畑)に「雉」のオスがいました。何かをついばんでいました。カメラを持ってきて撮ったのがこれです。この畑をなわばりの一部にしたようです。かなり近づいても逃げませんでした。

まだまだこの辺りは自然が残っています。
 6/30 金  本日で業務終了   17年2か月7日間、お世話になりました。関係の役所に「廃業」の届けを郵送しました。
このホームページを「けんとうカルチャーセンター」から「趣味の部屋 けんとう悠々 倶楽部」に衣替えしようと懸命に作業しているのですが、あまりうまくいきません。汗だくになって頑張っていますが少し怪しくなってきました。頭を少し冷やした方が良いかもしれません。急いで仕上げようとすると、ろくなことはありません。中途半端ですが今日はこの辺でやめておきます。失敗して全てがオシャカになって、0から作り直すのは御免です。ゆっくり落ち着いてできる時にボツボツ、トライしてみます。
 6/26 月  目には青葉・・・・・
 初鰹です。2.4㌔です。生徒さん2人の希望で、今日は無謀にもカツオを下ろすことになりました。4月13日が第1回目、そして今日までで追加2回を入れて8回でカツオを下ろすまでになりました。なかなか筋の良いお二人でした。
 カツオの処理は、途中、講師が手を出しましたが、無事3枚おろしが終了。
 そのあとの調理はお二人の希望で、土佐作り、銀皮作り、刺身、生利(なまり)の4種類を作りました。
「生利」は子供のころ、母が甘辛く煮つけて食べさせてくれたので知っていましたが、最近あまり見かけなくなった食品の一つです。当然、自分で作るのは初めてですので、ネットからレシピをお借りしました。簡単に云うと蒸しカツオまたはボイルカツオです。
 調理したカツオの数々は、講師が少し上前を撥ねましたが、残りは2人で仲良く分け合い、かなりの量を持って帰りました。夕食はカツオ尽くしです。酒好きにはこたえられない肴の数々です。

 
7月~9月半ばの期間は魚の痛みも早いので、この期間は魚関係の集まりは休みにして、めん関係の集まりをしていきます。秋になると、違った魚も市場に出てくるのでそれを楽しみにし、ばらくお休みです。
 

当センターの教室関係は、水曜日の女性の方の「そば打ち教室」で公式には終わりますが、この方は規定の回数が終了しないので、7月に2回持ち越しするようになります。


余談、小生はカツオは断然「初鰹」派です。脂の乗ったものも美味しいのですが、カツオ本来の独特の香り、色、食感は初鰹にとどめを刺します。づけ丼など最高です。
晩酌が楽しみです。
 6/24 土     センター閉鎖まであと1週間ありますが来週は雨の降る日が多いようなので、早々と看板の文字を消しました。

県道から入ってくる道に立っている二つの小さな看板も撤去しました。幾ばくかの寂しさも感じますが、気持ちの整理は出来ています。スッキリした感じもします。
教室は最後の日までやります。


昨日は、所用で久しぶりに浦和に行ってきました。。偶然ですが以前(20年前)の会社の支社の近くでした。
 6/16 金  セッカ、初鳴き
 
 早朝の散歩で、今年初めてのセッカの「ヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒッ、.・・・・・ジャッ、ジャッ、ジャッ」という特徴ある鳴き声を聞きました。波状に飛びながら鳴きます。繁殖期に入ったのでしょう。オスがなわばりを主張している声です。夏が来たという感じです

その2
昨日、高圧線の鉄塔にタカの仲間の鳴き声がしました。双眼鏡で見てみると小さ目のタカの仲間が二羽いました。種別は分かりません。この辺りで見られるつがいのタカの仲間には「チョウゲンボウ」がいますが、それよりも羽の色はやや淡く見えます。鳴き声も違いますが、繁殖期には違う鳴き声をするのかもしれません。しばらく観察してみて種別を特定したいものです。タカの仲間は割合多くの種類がいますが見分けるのが難しい鳥の一つです。
 6/2 金  やっとホトトギスの鳴き声   今朝、枕元のラジオの4時の時報、ニュースが流れ出したらホトトギスの鳴き声?  ラジオのボリュームを絞り、耳をそばだててるとまた鳴きます。東の方に向かっているようです。数回で聞こえなくなりました。今年初めての鳴き声をやっと聞くことが出来ました
午前中カッコウも期待したのですが空振りでした。

1昨日から3日連続でうどんを打っています。今、教室に来ている方が熊谷からその土地の地粉と、ブレンド品の2種類を買ってきたのでそれの試し打ちです。うどんを打つのは久しぶりです。また、今日は香川から取り寄せた粉で1㌔仕込みました。一晩寝かせて明日打ちます。明日は3種類のうどんの食べ比べです。うどんは生めんで冷凍ができるので重宝します。
 6/1 木 
今月いっぱいで閉鎖です 
 TOPページでもご紹介の通り、そば店に続き、教室も閉鎖することに決めました。そば教室はお店を始めた1年後からボツボツ始めて、10年前から本格的に展開してきましたが最近は生徒さんの数も少なってきたので、健康の事、今後の生き方の事を考えて、きれいさっぱり身を引くことにしました。いま数名の生徒さんがいますが、教わりたいことがまだあるという事なので、これからは事業としてではなく、趣味の会という形にして、私が持っている技術、知識を伝えていこうと思っています。
趣味の会も、どのような形を取ったら良いのか分からないので、皆さんのご意見を伺いながら試行錯誤しながら作り上げていこうと思っています。
このHPも必要が無くなったページは削除しながら、名称などを変えて、しばらくは存続させるつもりです。
 5/17 水  魚教室が昨日終了しましたが・・・・・ 
 しばらくブログ書き込みさぼっていました。
3人の女性の方達の魚下ろし方講座が昨日で終わりましたが、お2人の方が、これからも教えてもらいたいとのことなので、引き続き来てもらうことにしました。今後は、教室という形でなく、趣味の会のようにして、受講料でなく、会費という形にして、経済面での負担を軽くし、内容も魚下ろしばかりでなく料理の仕方にまで広げ、真夏の暑い時期はいったん魚から離れ、生パスタやうどん、中華めんなどに挑戦していただき、それぞれの麺に伴っての麺料理も賑やかに皆さんで作っていこうということにします。魚おろしをリタイヤした一人の方も、麺作りには再度加わりたいと言っていました。
こんなわけで、これからは、気楽に参加でき、離れることもできる、緩いつながりの、料理全般を楽しむ趣味の会のようなものにしていこうと考えています。

当然、男性の方も大歓迎です。
 5/8 月  ギョギョシ、ギョギョシ    今日、今年初めての「オオヨシキリ」の鳴き声を散歩の途中で葦原の方から聞きました。夏を感じます。姿が小さい割には大きな声で鳴きます。その内、あちこちで、なわばり主張の鳴き声がうるさいほど聞こえるはずです。カッコウによく托卵されるようですが、そういえば、まだ今年はカッコウの鳴き声を聞いていません。ホトトギスもまだです。
ツグミの姿が1週間くらい前から見えません。ノスリも全く見られなくなりました。自然は時期が来れば間違いなく変化していきます。
 途中で「コキア」(ほうき草)の芽が出ていたのに気が付き、指で掘って持ち帰りました。庭に植えましたがはたして根が着くか、明日から忘れず水やりをします。
昨日今日と「黄砂」がやってきました。朝は空が黄ばんで見えました。久しぶりに洗車をしました。洗濯物も屋根の下です。
 4/23 日  久しぶりにそば打ち 
 3月26日が、お店での最後のそば打ちでしたが、それ以来ソバを打っていないし、食べてもいませんでした。
さすが、最近はソバが食べたくなってきましたが、なかなかそば打ちの時間が取れませんでした。やっと今日そば打ちが出来ました。500gで生粉打ちです。加水率は50%。49%で始めましたが、安全策を取り、途中で1%の加水をしました。今日の昼食は久しぶりのソバです。
 4/18 火  見事なタイ
 日曜日、池田君からのお魚定期便がありました。
重さ1.6㌔、体長47センチの食べごろサイズの春のタイです。いまが「乗っ込み」(産卵時期)の最中で、写真のものはオスダイでしたので、顔や体の一部に黒い婚姻色が見られます。
 日曜日はいろいろ忙しかったので、昨日、ご夫婦の「そば体験教室」が終わった後、処理に入りました。毎週木曜日は女性3人組の「魚下ろし教室」があるので、その時にお手本に捌けばよいのですが、それでは鮮度が落ちてしまいます。釣ダイですので冷凍にはしたくありません。申し訳ありませんが、小生一人で頂きます。
昨夜は久々に鯛の刺身で美味い酒が飲めました。
 4/17 月  ナガミヒナゲシ
 昨年の春、散歩の途中、一目でケシの仲間と思われる可愛らしい花が目に留まったので、種が出来たころ数粒採取して、庭に蒔いたところ数株の芽が出て、見事に花が咲きました。図鑑で調べると「ナガミヒナゲシ」というものだそうです。ヨーロッパ原産の1年草で、荒地や河原などに生えるということなので我が家の庭は条件がピッタリです。増える事は間違いありません。左にある薄紫の花は野草なのか園芸品種なのかまだ分かりません。道路わきにあった一株を移植したところ、どんどん茎を伸ばして繁殖しています。たくましいやつです。我が家の庭はお金を掛けずに花壇が出来ていきます。右の野草もそろそろピンクの小さな花を咲かせるでしょう。

家の内外の片付けや掃除、草取り、剪定など色々あって、予定していることがまったく出来ないでいます。お店をやめてからの方が、かえって忙しくなったようです。
教室も魚教室の復活などもあり、ボツボツ楽しんでします。
4/7  金  汗をかきました 

ヒメオドリコソウ

トウダイグサ
 午後、散歩に出かけました。気温が上がり、薄着をしたのですが久々に汗をかきました。写真の野草は名前を知らないまま、気になってなっていたものです。野草図鑑で調べてやっと正体がわかりました。
カメラを持って出直して写真に撮りましたが、あまり良く撮れなかったのでネットから画像を拝借しました。小生、自然派人間で動植物に興味を持ってきましたが、知らないことがまだまだたくさんあるようです。


訂正
過日、書き込みをした「ノウルシ」は間違いでした。
再度調べましたら、姿かたち、白い汁などそっくりな「トウダイグサ」が正解でした。「ノウルシ」はトウダイグサ属なので良く似ているわけです。



 
 3/27 月  ラスト そば

今朝、食べました 
 とうとう昨日で17年間のそば屋人生が終了しました。今月で終了ということで、3月に入ってからはお客様の数も増え、特にこの3日間は当店にしては大勢のお客様においでいただき、大忙しになってしまいました。昨日は幸いにも、以前、店で働いてもらっていたOさんがボランティアでお手伝いに来てくれて大助かりです。最後の日の店の写真でもと準備をしていたのですが忙しくて(忘れて?)何も撮れませんでした。
常連さんはこの3日間でほとんどの方がお見えになりました。お別れするのが惜しい方達ばかりですが、店が無くなればもうお会いできない方も沢山います。このお店はこの方たちによって支えられていたのだと思うと感謝感謝です。
長い間ありがとうございました。どこかでお会いするかもしれません。その時はよろしく。
小生、しばらくは現在地で版画など彫って暮らしています。
そうそう、教室はまだありました。こちらもよろしく。
3/25  土  更科生一本 
 今朝、ラス前の更科生一本打ちました。最初の1㌔はやや硬めでしたが、次の1㌔は修正をして、ほぼ完璧に仕上がりました。朝食に硬めの方を食べましたが何の問題もありませんでした。やはり小麦粉のつなぎがない分すっきりとした味で甘みもややあり、大変美味しく食べられました。明日、生粉打ち1回と更科生一本2回打って、そば屋としてのすべてのそば打ちが終了です。相当早起きをしなければなりません。最後だと思って頑張ります。
 3/22 水  最後のつゆ作りです。
 
 こんな鰹節を使います。右から雄節(成魚の背)、雌節(成魚の腹)、亀節(幼魚の半身)。亀節はこの半身を真ん中から割って、雌節と雄節に分けて、全部の節のカビを良く洗い流し、これをぬるま湯にしばらくつけて、皮をこそげ落として、約1日天日で干して、削り器で削ってだしを取ります。
美味しいつゆは最終的には鰹節を自分のところで削るにとどめを刺します。醤油、味醂も吟味したものを使わなければダメですが、最後の味はカツオから出るダシです。お店によっては節類も宗田節、サバ節、アゴに昆布なども使いますが、当店では初めのころは色々使ってみましたが最後に行きついたのがこの3種類のカツオだしでした。本当に美味しいソバつゆです。返しと共にこのダシは他の料理に使えますので、自家製の削り節のダシ取りはこれからも続けます
3/21  火  更科生一本(さらしなきいっぽん)の粉
 
 閉店まで残り数日になりました。25(土)26(日)の最後の2日間は画像の御前粉(更科粉)の十割の「更科生一本」と普通のそば粉(並粉)の十割の「生粉打ち」を打ちます。「更科生一本」は練りこむ材料がないので事前準備をしなくて良いのが助かります。しかし、打つのが少々難しいので、2日間は一度に沢山打たず、1㌔を2回づつと予定しています。これで終わりと思うとやはり一抹の寂しさを感じます。
お店を閉じても、ソバを打つのは大変楽しいので、自家用にたまには打つと思いますが、変わりソバは面倒なのでチョット考えてしまいます。

教室はまだ少しやりますので、このHPはそば店のページを削除してからも、しばらく続けます。たまには覗いてみて下さい。

魚下ろし教室は1年前にやめたのですが、3年前の生徒募集の広告を切り抜いて持っていた方が見え、何とかならないかとの気迫に押され、仲間がいればという条件で、4月から3人で始めます。
おばちゃんには負けます。
 3/19 日  サクラそば、好評です 
 約1年ぶりの「サクラそば」です。昨日、今日と2日間打ちました。明日20日も打ちます。事前準備が大変なソバですがお客様皆さんが「大変美味しい」と言ってくれますので、その苦労も飛んでしまいます。昨日初めて見えたご夫婦の方はこのソバの美味しさにビックリ、今日もお二人で見えましたし、明日も来るということです。2日間大忙しです。年です。疲れが出てきました。
忙しいので、いつものことですが、お客様にお出しする完成状態の写真が取れません。

相変わらず、お客様にはなぜやめるのか、また復活してくれ、などど毎日責められます。勘弁してください。復活は絶対ありません。もういいでしょう、少しゆっくりさせてください。
3/14 火  「サクラそば」は葉を使う 

桜の葉
 サクラそばはサクラの花を使うと思っている方が多いのですが、実は食用になる大島桜の若い葉の塩漬けを使うのです。桜餅に使われるものと同じです。ですからサクラそばは桜餅の香りがします。塩出しをして葉脈をできるだけ除いて細かく切って擂り潰すのです。処理が大変面倒です。手間がかかります。当店では1㌔の生地に50枚の割で葉を練りこみます。
白い粉に葉をすりつぶしたものを入れるので、当然色はピンクになりません。従って、ほんのわずかですが食紅を入れて色を出します。
今まで気が付かなかったのですが、今日サクラの葉のパウダーがあるのを見つけました。昨年はなかったように思います。もっと早く分かっていれば、今年は苦労しなかったのにと思うと。残念です。もう来年は店がありません。遅かりし由良の助、です。
今年は18~20日と3日間お出しするので量が多くなります。200枚です。昨日、ほぼ処理を終えました。仕上げは明後日です。
そば打ちが好きでなければこんなことは出来ません。
 3/13 月  3月26日(日)の最終日は・・・・・   3月26日の最終日はお客様の御要望で閉店時間を延長して、午後5時といたします。
当初は売り切れ仕舞いと考えていたのですが、あるお客様が所用が出来てどうしても3時以降でないと来られないとの事なので時間延長いたしました。17年間お世話になったご夫妻ですので、最後までしっかり対応していこうと思っています。
 3/11 土  レモン切り
  
 レモン切りです。擂った皮を沢山入れましたがユズに比べて色が大分薄く仕上がりました打っていて黄色がなかなか出てこないので、量を入れ過ぎたようです。香りが強くなりましたが、女性のお客様には好評でした。完売です。明日は少し調整します。
3/7  火  食生活を豊かに、その2
 

ジューサー
 娘からもらいました。健康増進のため、積極的にオリジナル野菜ジュースを作って、飲んでみようと考えています。
ジューサーは初めてです。本格的なものはかなりの重量があるのにはビックリ

特売野菜を狙います。これからは朝刊に折り込まれているチラシにも目を通すつもりです。
 3/4 土  昼夜そば
 
 昼夜そば、1年ぶりに打ちました。やはり大変でした。1.3㌔打つのに1時間40分かかりました1年に2~3回打てば十分です。珍しいそばとして皆さんにお見せするためには打ちますが、自分用には打たない種類のソバです。風味がやや薄いのが残念ですが、まずまずの美味しさです。
明日の「昼夜」がソバ打ち人生の最後の「昼夜」になるでしょう。
 3/1  水 川海苔です 
 3月4・5日(土日)に打つ「昼夜そば」に使う川海苔をミルで粉末にしたものです。32gあります。これを2日に分けて練りこむわけです。2色にするもう1色は真っ白の更科ソバです。白対グリーンの比率は6:4~7:3の範囲で決めていきます。煉りは2回しなければならないし、2色合わせてからも比率の違う2色を無駄が出ないように可能な限りピッタリ合わせて延ばさなければならないので、とにかく面倒なソバです。本音ではあまり打ちたくない変わりソバです。川海苔の香りがしてなかなか美味しいソバです。

確定申告終わりました。気分的に大変楽になりました。
普段は忙しいため、色々なことをやり残していますが、家の内外の整理整頓、廃棄掃除などもその1つです。4月以降の本格的な始動に備えての予備活動を本日から少しづつ始めていきます。
他に、まだやりたいこともいくつかあるし、お店をやめても忙しい毎日になりそうです。
社会に出てか52年(?)、とにかく走るつづけた人生でした。この調子でこれからも体力が続く限り走っていくでしょう。
 2/26 日  トウガラシ切り
 
 昨日・今日と「トウガラシ切り」でした。はじめは「七味」と謳っていたのですが先週の金曜日に「七味唐辛子」だけで試し打ちをしたところ、辛さがほとんどなく、色味もややくすんでしまったので、急遽「一味唐辛子」を6割ブレンドして打ったのが写真のものです。従って、七味の名前は返上しますが、辛さも色も味も合格点です。お客様にも大好評でした。
変わりソバは大人気です。3月26日で閉店ということもあり、お客様が予想以上に訪れてくれます。一人での対応なので、大変忙しく、いつも変わりソバの完成品をLIVEでご紹介することが出来ません。今日はいつもの池田氏が昨日「鹿島港」に釣行したと言って貴重なヤリイカを3杯持ってきてくれました。彼はこのところついていません。海に嫌われているようです。その彼にお出しした「トウガラシ切り」の写真を撮ってもらい、やっとこの欄に載せることが出来ましたが、今日で唐辛子は終わりですので、あまり意味がなかったようです。
来週は吉野川の川海苔と更科ソバの「昼夜そば」です。
二種類のソバを一度に打つので手間がかかります。沢山の量を打つ事が出来ませんので早い者勝ちになるでしょう。「せいろ」はタップリ打っておきます
 2/20 月  今朝、バジル切りを食べました。
 
 自分用に残しておいた「バジル切り」を今朝食べました。
やはり、大変美味しい。 お店を閉じても個人的に打って食べたい味、香りです。
食材(バジル)の処理(生、乾燥共)が楽だし、通年店頭にあるので、粉さえあればいつでも打てます。また、バジルはトマトと大変相性が良いので、つゆをトマトジュースを使った「イタリアン」風にしても美味しいかもしれません。一度試してみましょう。邪道などという「保守的」な考えは捨てて冒険、チャレンジです。
 2/19  日 昨日、今日と2日間「バジル切り
 
 昨日は1.2㌔、今日は1.3㌔の当店の最初で、最後の「バジル切り」を打ちました。昨日はフリーズドライのみじん切りの乾燥葉を7割、生の葉を3割、本日は生の葉を9割、乾燥葉を1割で打ってみました。やはり、生の葉の方が色、香り、甘みに優れていました。
当然、来店のお客様は両日とも8割の方がバジル希望です。美味しいと大好評です。食わず嫌いでしょうか、年配の男性のお客様がどうも敬遠するようです。
 昨日は、一人での対応限度のお客様が見えましたので、お客様にお出しする段階のバジル切りの画像は撮れませんでした。
同じグリーンでも、茶そば、シソ切り、ヨモギ切りなどとは少し違う色味に仕上がります。綺麗です。なかなか良い色です。

来週は七味唐辛子切りです。こちらも初めてです。どのようなソバに仕上がるか楽しみです。
 2/15 水  ザワークラウト

乳酸きキャベツです 
 最近、ザワークラウトを作って、常備菜として利用しています。1回にキャベツ2玉使います。作り方は簡単。キャベツに塩を混ぜて、消毒した瓶に入れて寝かせておけば、数日すると乳酸菌が発生して食べられるようになります。当然、少し酸味があります。ヨーグルトなどに含まれるものより、この植物性の乳酸菌は大変強く、お腹の中に入っても壊れずに大活躍してくれるということです。最近はガン予防にもなるということが分かってきました。大変な優れものらしいです。
キャベツ自体、胃にも腸にも良い食べ物ですし、植物繊維がタップリなので便秘がちな人にもピッタリです。ドイツでは脂っこい食べ物や、ソーセージなどに添えて好んで食べられているようです。
今日は、保存用ビニールパック2つにキャベツの刻んだもの1㌔づつ、塩をそれぞれ20gまぜ、タカの爪と、砂糖をほんの少々加え仕込みました。2日くらい重石をして寝かせ、少し濁った水が出てきたら、瓶に移し替え冷蔵庫で保管しておきます。
左側のビンは前回造ったものです。あと少ししか残っていません。右の量が乳酸菌入りの水が出て来るようになると、左のビンに全部おさまってしまいます。食卓に野菜が少ないときやパン食の時などは、ザワークラウトの出番です。カレーの時も付け合せに使います。大変重宝しています。
2/11  土  ヨモギそば

1㌔以上はめん棒を3本使います。 
  ヨモギを沢山入れて打ちました。生の状態でも緑が鮮やかです。
 今日のお客様も大変美味しいとおっしゃっていました。お店が無くなるのはもっ たいないともおっしゃっていました。
 明日は当店の最後のヨモギ切りを打ちます。

 これから3月26日まで、変わりソバ数種とせいろを今までで最高の出来ばえ になるよう、渾身の力で悔いのないよう打つつもりです。
 2/7 火  2月の変わりソバの材料 
 2月に打つ変わりソバの材料です。右側から「ヨモギ」で、上が粉末にしたもの。下は繊維がそのまま残っているフワフワの状態のもの(この状態のものを購入します)。中はバジル関係。右が生のスィートバジルの生の葉、ミキサーでドロドロにします。缶は右の大き目が「バジル」、左の小さいのが「スィートバジル」。両方とも乾燥葉を砕いた細片が入っています。ミルにかけて粉にします。この3つをブレンドします。左側の上は普通の七味トウガラシ、下のラベルがないのはゆず皮が多めに入った七味トウガラシ。ブレンドして、ミルで粉末にします。
ヨモギ以外は下処理がだいぶ楽です。。
このヨモギは品質が大変良いのでいつもネットでパン菓子材料店から取り寄せていますが、ここのヨモギは粉末でなく、繊維がしっかり残っているフワフワ状態のものです。困ったことにヨモギ切りは、粉末を練りこまないと、切るとき大変です。昨年知らずに打って手こずりました。ヤマゴボウの葉(おやまぼくち)を練りこんだそばと全く同じ状態になります。ところがこのフワフワはミルにかけても簡単に粉末になりません。今年は工夫して何回かの工程を経て、粉末にすることが出来ました。これで美味しいヨモギ切りがお出しできます。
 2/6 月   芋がら(ずいき)
 近くの家庭菜園をやっている方から昨年の秋、サトイモの茎を頂きました。子供の頃、母が農家さんから頂いた「芋がら」を油でいためて砂糖醤油で味付けをしたもの作ってくれたのを思い出しました。懐かしいので、処理方法を調べて「芋がら」を作ってみました。それらしきものが出来上がりました。まずは母の作ったなつかしい味を再現してみます。

今週末から、3月の最終週まで週替わりで7種類の変わりソバを打ちます。
楽しみです。3月の1週目の「川海苔」は「更科ソバ」との昼夜そばにしました。

お店が混んだ場合、お手伝いがいないので、お待たせすることが多くなります。そのつもりでお出かけください。
 2/1 水  試し打ちのバジル切り
 
ビックリするくらい美味しい
 本日(2/1)バジル切り試し打ちをしました。二八で500gです。バジルはスウィートバジルの生の葉と乾燥葉を使いました。ハーブ系は初めて打ちますし、香りをどのレベルでつけたら良いのか分かりません。手探りです。強すぎたら食べられなくなるので、試し打ちは必須です。結果はピッタリでした。もう少し香りがあってもいいかな?という感じでしたが、大変おいしいのです。香りがほんのりあって、甘みもあります。何故もっと早く打たなかったのか、と悔やまれるくらい美味い。味では当店の変わりソバの中でもトップクラスです。打ちやすさもトップクラスです。今回1回で皆さんにお出しするのは最後です。お客さんに食べていただく機会はなくなります。本当に残念です。


確定申告書作成終了。今回は苦労しました。会計ソフトがこちらのミスで使えない状態になってしまいました。
最近、いろいろミスが多いようです。脳の老化が進んでいるのかな?
 1/30 月  そば手打ち工房 けんとう 閉店です
 
 他ページでもご案内の通り、一時期の中断はありましたが,、H12年から足かけ17年頑張ってきたそば店を、この3月26日で終了することになりました。自分ながらよく頑張ってきたと思います。体力的にはまだ余力は残っていると思いますが、人間の生き方には潮時というものがあります。いつかどこかでケリをつけなければならないわけで、1年くらい前からそのタイミングを計っていました。
 そばを打つのが大好きなので、やめるのは少々残念な気持ちが無いわけではありません。今でも打っている時は楽しんでやっています。打ち方もずいぶん工夫しましたし、上達もしました。
 ただ、余力は残しているとは行っても、体力はスタート時点に比べれば大分衰え、以前はせいろの2㌔、2.5㌔は普通に打っていましたし、年越しの時にはこれらを13玉、13時間打ち続けたこともありましたが、今は大事を取って1,5㌔にとどめています。昨年の年越しは休み休み5玉、6時間打ちましたが、クタクタでした。

最近はいろいろ変化があって面白いので「変わりそば」を楽しんでします。せいろを打つより体力を使うし、時間もかかりますので、最大1.3㌔です。しかも1日に1回だけと決めています。練りこむ食材によっては大変難しい場合がありますが、これを克服することがまた楽しいんですね。
 お店に見える方は「変わりソバ」は皆さんお好きなようで、特に女性の方は好んで召し上がります。そんな事情から、いつもなら月に1回打つのが定例でしたが
 閉店前最後の2か月はお礼の意味も込めて、ほとんど毎週、品替わりで「変わりソバ」をお出しすることにいたしました。(本当は自分が打ちたいのかもしれません)
 今後は、この技術をできれば後進に伝え、味ともども継承する御仁を育てたいと云う気持ちもあるのですが、こちらの方はなかなかうまくいきません。。店舗も居抜きで賃貸も、と考えているのですが。

 小生自身は、今後は時間に少しの余裕ができますので、そば打ちと共に楽しみの一つである「版画」に時間をさいて、こちらは基本から勉強し直し、技術を高め自分の画風の確立を目指そうと思っています。
当然、そば打ちも健康のため、技術の衰えを防ぐため、趣味としてこれからも打ち続けます。
 1/23 月  21・22日のユズ切り
 
 見事な色です。2日間ともに香り、味ともに申し分ありませんでした。
2日間当店の対応限度のお客様においでいただきました。ありがとうございました。皆さん、「ユズ切り」が目当てでした。
お店は小生一人での対応なので、中にはだいぶお待ちいただいた方もおられましたが、文句もいずお待ちくださいました。心よりお礼申し上げます。

お店を始めた当時ですと、これだけユズを入れると、切れやすくなったものですが、打つ技術もだいぶ向上しましたし、新しい独特の打ち方も開発したので、今はどの食材を限度ぎりぎり入れても切れない自信があります。

この技術を引き継げる人がいればよいのですが、なかなか難しそうです。
1/22  日  最後の「ユズ切り」
 
 今回はゆずを限度ぎりぎり入れてみました。写真に見る通り、大変色が濃く出ています。今までで最高の香りと味が楽しめるはずです。昨日打ったのより香りが強いです。
1/1  日  明けましておめでとうございます

いつもの窓からの初日の出です
時刻はアバウトな7時少し前 
 今朝はゆっくりお目覚めです。6時半すぎていました。とりあえずいつもの場所から「初日の出」撮影。昨日も出た「日の出」ですが何が違うのでしょうか?。
いつもの朝のルーティンを済ませ、簡単なおせち料理を用意し、テレビを見ながら一昨日から解禁したアルコール摂取です。お屠蘇だからほんの少しが結局、軽い酩酊状態まで飲んでしまいました。
フワフワの状態でテレビのチャンネルを変えようとしたらリモコンが見つかりません。あちこち探したが見つかりません。移動した範囲も場所も限られているのですが、何度往復しても見つかりません。脳がしゃっきりしてしまいました。仕方なし手動です。、チャンネルを変えるたびにテレビまで移動です。せっかちなのでチャンネルをこまめに変えるのがいつもの癖ですので、いちいちテレビまで行ってのアクションする、その煩わしさには辟易しました。途中からは見たくもない画面を出しっぱなしです。

結局、お屠蘇を終わりにしてテーブルの上をかたづけて、ゴミを屑籠に捨てたら、なんと、その中にリモコンがありました。ごみの匂いまでつけて・・・・・。
お屠蘇の準備でテーブルを綺麗にした時、リモコンも捨てたようです。まったく記憶にありません。
そのあと、新しい日記帳に記帳、と思ったら今度は買ったばかりの日記帳が見つかりません。最後には見つかりましたが、いつもこんな調子です。起きている時間の三分の一は探し物に使っています。トイレも長いので一生のうち相当な時間を無駄に使っているようです。

大晦日の昨日はまずまずのお客様に来ていただき、1年の最後を気持ち良く締めることが出来ました。そのなかには1年のうちで大晦日だけ見えるお客様が数組います。最初はお子さんづれで賑やかだったのが、子供の成長につれてご夫婦だけにになってしまったり、小さかった子供さんがいつの間にか大きくなったり、それぞれのご家庭の状況が分かって感慨深いものがあります。
この仕事を始めて、足かけ17年になります。開店当初、生まれたお子さんも高校生になってしまう年月です。途中妻を亡くし一人になって9年。我ながらよく頑張ってきたと思います。最近はつくづく体力が落ちてきたことを感じます。筋力の衰えはひどいものです。一昨日、年越しそばを打ちましたが、以前は一日に2㌔づつ十数個打ったものが、今は1.5㌔が限度です。30日はこれを6回打って、疲れてしまいました。そろそろ限度かな?と感じることが多くなりました。
今年1年途中何があるかわかりませんが、最後まで美味しいおそばを作る努力をしていきます。
   2016年
12/25  日  年賀状公開

若冲オマージュ
 今度の年賀状は、来年の干支が「酉」ということから、ここ数年ブームになっている伊東若冲の「鶏」を描いた数点の中から「紫陽花双鶏図」を題材として取り上げてみました。原画は縦が約1.4m、横が約80㎝の「肉筆画」です。この大きさのものをハガキ大にするのですから、当然、全体を表現するわけにはいきません。部分を取り上げ、しかもかなりの縮小が必要でした。
制作するにあたって気を付けたことは、自分の感性をできるだけ抑えて、原画を忠実に表現すること。ディテールも可能な限り忠実に再現すること、この二点を守ってで制作しました。数年前から計画を立て、偉大な「若冲」へのリスペクトからスタートいたしましたが、終わってみればこのレベルでした。完成された肉筆画を版画で表現することの難しさは考えていた以上でした。そのため、制作期間も3か月かかってしまいました。
疲れましたが大変勉強になりました。この経験を今後の版画制作に生かしていこうと思っています。
若冲オマージュ
 11/29 火  どうだ!!終わったぞ!! 
 版画制作が昨日終了。長くかかりました。スタートが9月5日ですから、ほぼ3か月。体調を崩したせいもあり、ほんとに苦労しました。今回は小生にしては珍しく、オリジナルにこだわらず、お手本のある肉筆画の絵柄を題材に、版画で出来るだけ原画に忠実に、細部まで表現するように努めた作品を制作しました。。前年より1割くらい枚数を減らして88枚にしましたが、終わってみれば、この差20枚位は作業を軽減するほどのものではありませんでした。来年も枚数削減に努力します。
作業が大変だった分、勉強にもなりました。来年以降の制作に何らかの形でプラスになると確信します。
今回の題材は若冲の「紫陽花双鶏図」の部分です。
元日以降、「版画ギャラリー」ページでご紹介いたします。
10/26  水  ムカゴ収穫
 
 今日、山芋の子供の「ムカゴ」を収穫しました。まだ早いかなと思いましたが、生っている実に手が触れるとポロポロ落ちるので、下にビニールシートを敷き、ツルをゆすってゲットです。大中小様々です。木(草?)が若いせいか小さいものが沢山あります。グリーンぽい若い実も沢山あります。
3本のツルがあるのですが、実がなったのは1本のみ。あとの1本はオス株で雄花はたくさんつきましたがムカゴはゼロ(この株が一番古く立派です)。もう一本は若すぎて子供は産めなかったようです。
来年はもう少し良い実が付くでしょう。
炊き込みご飯や油で炒って塩又は醤油をまぶして食べられます。今晩は塩じゃけとの炊き込みご飯にするつもりです。


追記 ムカゴはめしべが受粉して実になったものではありません。
無生殖で子孫を残す、いわばクローンのようなものです。この一粒からちゃんと芽が出て数年すれば地下に山芋が出来ます。

昨夜は早速サケ入りのムカゴご飯を炊いて秋を味わいました。
美味しかった~。
    
 10/8
 土 スダチきり1.3㌔

2枚だたみ 
 1年ぶりのスダチです。徳島から取り寄せました。
生地の長さが切り板(まな板)の幅一杯です。
包丁のあたる寄木細工の巾が82㎝なのでギリギリです。3枚だたみにすれば余裕ができるのですが、変わりソバの場合、麺同士がくっつきやすくなるので2枚だたみで通しています。

こんなことからも、変わりソバは1.3㌔を限度として打っています。
9/12  月  更科生一本

 
 土日と2日間、更科生一本打ちました。お客様の評価はかなり高く、皆さん写真を撮っていかれました。
用心のため1度に打つ量を1kgに限定したので都合4回打ち、その他にせいろも打ったので、さすがに疲れました。
今日の朝食と昼食は売れ残った「生一本」です。なかなか美味しい。また機会があったら打ちます。来月は「スダチ切り」です。ご期待ください。

今年の新ソバ情報は8月~9月の初めにかけてニュースでも取り上げられている通り、北海道地方は雨が多く、少なからずそばも影響を受けているようです。当初の予定より入荷は遅れるようです。お店に出せるのは10月中旬以降になるかもしれません。
 9/8  木 更科生一本試し打ち 
 昨日、7月に取り寄せた新しい更科粉で生一本の試し打ちをしました。今までの粉とどのくらい加水率が変わるのかを確かめるためです。結果は1%くらい減らしたほうが良いか?という感触です。

7月中旬から、ご紹介してきたそば道具一式の処分市を昨日で終了いたしました。ありがとうございました。期間中、買うか、買わないか逡巡していた数名の方もおられました。その方々には残念でした。こういう時は思い切りが大切です。グズグズしているとチャンスを逃してしまいます。
 素人の方が使う道具としては最高のものと確信しておりますので、ご購入された方、大事に一生使ってやってください。大変良い買い物をしたと思っていますよ。
 やはり、道具が良くないと良いソバも打てません。素人ですとなおさらです。
 老婆心ながら付け加えますと、粉も良いものを使ってください。教室に来た方で、「遊びでやっているのだから安い粉で良い」と言っている方がいました。この考えは間違っています。打っても打っても切れてしまうということで教室に来た方です。ウデが悪いのだから良いもの使う。趣味で打つのだから良い粉を使う。これが鉄則です。

 リニューアルページをどんなものにするか考えています。

関係ありませんが豊洲移転より早くと考えています。
 9/7 水  ノスリ
 
 昨日の情報で間違いがありました。「セキレイ」と書いた箇所は「カワセミ」の間違いです。セキレイのつがいなど家の周りに結構いますので、あえてお知らせするまでもありません。何で間違えたのか?
明け方、トイレのため目を覚まして気が付きました。

今日は「ノスリ」の写真です。電線に止まるのは大変珍しいのでキャッチしました。少しボケていますが、手持ちではこれが限度です。ズームは光学14倍です。古いタイプなので画素数340万です。軽いので持ち歩きに重宝してます。もう1台あるのですが重いので散歩には向きません。
 8/9
 火 トマト切り 試し打ち その2
色がわずかに違います 
 今日は加工品も取り入れて、色々なトマトを使って、2種類打ってみました。写真の色の違いは材料の違いと、量の違いです。昨日のものは食感、味ともにイマイチでしたが、今日のものはどちらも大変よろしい。甲乙つけがたい仕上がりになっています。
今度の土日は美味しい「トマト切り」が出せそうです。やはり、いろいろ工夫をしてみるものです。生地はしっかりなめらかで、切れる心配などみじんもありませんでした。太さも1ミリ~1.2mm弱で切りそろえました。のど越しが格段に良くなりました。
昨日からの試し打ちには、在庫があるので、今までの御前粉を使っています。明日は試し打ちの仕上げをやるので、高品質な粉を使います。今度からお店で出す粉です。加水率を厳密に決めるためです。同じ御前粉(更科粉)でも製粉所が違えば加水が微妙に変わります。
 8/8  月


試し打ちのトマト切り 
 トマト切り、今日はトマトの実をミキサーにかけて打ってみました。100%満足ではありません。明日は缶詰、トマトジュースで打ってみます。いろいろ試して、試食して、お店では最良のものをお出しします。初めてのソバは手間がかかり、時間と経費もかかります。

フグメニュー減らしました。天ぷらと刺身に限定します。種類が多いと、対応に時間がかかり、皆さんに迷惑がかかるからです。



追記 トマト切りを早速、夕食に食べました。味は?期待したほどでありません。
    やはり、変わりソバは、そばの太さが最大の要素です。果実系の変わりソバは    難易度は最高ランクです。注意して打たないと切れるソバになってしまいます。    トマトも例外ではありませんでした。用心して1.5mm位で打ったのが味を落と    す最大の原因になってしまいました。やはり変わりソバは細めが命です。
    明日は材料に変化をつけ、打ち方も変えて試してみます。乞う!ご期待!     
 7/30 土  卵切り
 
卵切りは久しぶりです。1.3㌔打ちました。卵は黄身だけ7個を使いました。卵がつなぎの役をしてくれるので、変わりソバの中では打ちやすいソバの一つです。 
初めて打つ人などには最適です。最初に打つ変わりソバです。全卵で打つのをおすすめします。(味は落ちますが・・・・・)
 7/9  土 ウメ切り1.3k
 
めん棒は3本使います

 御前粉(更科粉)に塩抜きしたウメの赤紫蘇と越生産の梅干しの果肉を交ぜて打ちました。
朝食に少し食べてみましたが、やはりおいしいソバです。一緒に食べた二八のせいろがなんと味気ないか。
味を比較する意味でも2色盛りがお勧めです。




今日のお客様の評価は大変高いものがありました。皆さん「美味しいそば」と言ってくれました。完売です。
変わりソバは香りを楽しむもの、色を楽しむもの、味を楽しむものがありますが、このウメ切りは味を楽しむ数少ない変わりソバです
打ちずらいソバの一つでもあります。
明日も打ちます。
 7/7 木  更科生一本 続報 
 昨夜食べた結果の報告です。結論から言うと「ウ~ン、?」です。小麦粉が入っていないので、食味には大変期待をしていたのですが、期待が大きかった分だけ少しガッカリです。思い入れが無ければ十分に美味しいということはお伝えしておきます。食感は十割特有の独特なものがあります。
小生、小麦粉の匂いに敏感で、普通のそば粉の二八はそば粉の香りの方が強いので、まったく気になりませんが、御前粉(更科粉)の場合は、そば粉自体に香りがありませんので小麦粉の匂いが気になってしまいます。でも、うどんは嫌いではありません。
更科粉は無味無臭に近いのですが、そこはそば粉です。この粉でも製粉所の違いで僅かな味と食感が違う場合があります。以前、取り寄せたある信州の粉屋さんの更科粉は美味しくなく、一度限りでやめてしまいました。
粉のせいかもしれませんので、粉を変えて再度挑戦してみます。


追記、今朝も食べました。口が新鮮だったのか昨夜よりも美味しく感じました。なかなかのものです次回は1kを打ってみます。お店にも出すようにします。
 7/6 水  更科生一本
食味は明日報告します
 庭木の剪定もほぼ終わり、あとはビワの木を残すまでになり、少し時間が出来たので、難しいとされている「更科生一本」に挑戦してみました。当店の呼び方にならえば、「御前粉生粉打ち」です。今まで、つなぎの小麦粉が2割入った変わりソバは打ってきましたが、このソバの十割(生粉打ち)は一度も打ったことがありませんでした。以前から、そば打ちになったからには一度は「更科生一本を打たなければと思っていましたが、今日それを実行したというわけです。初めてですので加水率など詳しいことは皆目わかりませんので、ネットから情報を得て、加水は60%程度ということが分かりましたので、失敗しても良いように少量の400gで打ってみました。打った結果、それほど難しいものではないということや、加水率はプラス1~2%増やした方が良いことなど分かりました。難易度では果物を入れた「変わりソバ」の方がずっと難しさでは上ということもわかりました。
機会があったら最も難しいとされる水練りの「更科生一本」に※普通の打ち方で挑戦してみます。ちなみに今日はお湯煉りで、打った時間は25分でした。
※ ネットなどで紹介されている「水練りの生一本」の場合、切れやすいのでプラスチックの板を使ったり、コマ板は使わなかったりと、通常の打ち方ではないようです。 
  関連記事 →
 6/13 月  更新しばらくお休みでした 


シソ切り大好評
 Windouw10がらみで更新できませんでした。ブロックするのに苦労してます。
まったくひどいことです。犯罪行為です。「マスゾエ」と共に困ったことです。このことでロスする時間、金銭を誰が保障するのでしょうか。マイクロソフトの独りよがりで大勢の人が迷惑しています。

11・12日の両日「シソ切り」を打ちました。綺麗なソバです。2日間で茨城産の大き目のシソの葉107枚を使いました。色、香り共に良く出て、食べても美味しく、見た目にも大変きれいに仕上がりました。
 5/14 土  今日、明日は昼夜そばです
 
「4つ出し」に入るところです
 茶そば約600g、御膳ソバ約1.2㌔g。打ちました。量の違うソバを無駄が出ないよう合わせて同じ大きさに延ばすところがポイントです。少し面倒ですが、変わりソバが打てるようになればそれほど難しくありません。
 5/8 日  GW最終日メロン切り
 
 実は昨日、メロンの試し打ちをしました。やや生地が柔らかめだったので、加水を調整して今朝、本格的に挑戦です。うまくいきました。1,2キロ打ちました。メロンの絞り汁は170gです。果実の絞り汁を練りこむときは、その絞り汁の粘度を考慮しないと失敗します。

昨日のクルミキリはお客様には評判が良かったようです。今後打つ事があれば、その時は7~10%のクルミでやってみます。
5/7  土  くるみ切り
 
 クルミを打つのは初めてです。当然食べるのも初めてです。擂ったクルミを粉の量の5%ほど入れてみました。
試食の結果は、クルミが少なかったようです。香りも味も薄い!です。打つのは大変楽でしたのでもう少しクルミを入れても良かったかな?という感じです。
5/4  水  イチゴ切り、大好評です
 
 昨日から、イチゴ切りをお出ししていますが、お客様の評価は大変高く、打った甲斐があったと喜んでいます。今日見えたお客様も大絶賛でした。イチゴというと果物=デザートという感じでとらえられてしまいますが、ところがどっこい、そばとして食べても大変おいしく、ソバの一員としてどこに出しても恥ずかしくないものを十分に持っています。打つ前の想像をはるかに超えていました。同じ果物のキウイで打ったソバにはなかったそば自体に微妙なうま味を持っています。本当に美味しいソバです。小生の認識不足でした。
今日はせいろ並みの太さのものも打ちましたが、こちらの方が評価が高かったようです。
最近は1年中イチゴはありますので、機会があったらまた打ってみます。
明日、ゴールデンウィーク中の最後のイチゴ切りを打ちます。
4/29  金   左 だし切り、 右 生粉打ち  今朝、2種類のそば打ちました。1.2㌔と1㌔です。だし切りは少しだしを入れ過ぎたかな?という感じでしたが。美味しいです.。変わりソバを入れて2種類打つのは大変ですが、何とか頑張ってゴールデンウィークを乗り切ります。
 4/22 金  1か月ぶりの生粉打ち 
 先月の最終週に生粉打ちを打ってから約1か月が経過しました。その間、色々な変わりソバを打ちました。そのほとんどが難易度の高いソバばかりでしたので、今日、生粉打ちを打ってみて気が付きました。大変楽なのです。当店の生粉打ちは粗挽きの挽きぐるみ粉を1割ブレンドしているので、そんなに易しくはないはずですが、イチゴ切りなどの難しい変わりソバに比べると、ビックリするほど気を使いません。
来週はゴールデンウィークに入りますが、29~5/1の3日間は変わりソバと生粉打ちを打ちます。他は変わりソバとせいろです。
来週の生粉打ちは挽きぐるみ粉の割合をもう少し高めて打ってみます。
 4/20  水 昨日の「キウイ切り」食べました

クリック
美味しい!!
 昨日の「キウイ切り」、美味しいです。1日経過していましたが、切れずに味も落ちずに美味しく食べられました。昨日は600gを2回打ちました。中身が微妙に違う二種類を食べ比べましたが、味の調整役にレモンと塩をほんのわずか入れた方が、2割入っている小麦粉の匂いを消した分、うまくなりました。
こうなると、また考えてしまいます。1.3キロ打つのは大変だけど、1㌔なら頑張ってできないことはない、などと考えてしまいました。またまた、小生の弱い性格である「優柔不断」が出て来ました。
中途半端なモノは出したくないので一度は諦めましたが、このレベルなら恥ずかしいことはないか、と思い直しているところです。
 4/18 月  今日はキウイ切りです
 
 そば粉500g、キウイ1個半で打ちました。例のごとくミキサーでかき回し、種は裏ごしをして除きました。ここまではいつもの通りですが、果汁の水分計算が違っていたようです。初めて扱う食材ではこういうことが良くあります。結局、加水が多くなってしまいました。やや柔らかめの麺が出来上がりましたが、打つのは難しくありませんでした。果物の種類が違うと打ち方も微妙に変わります。ここが難しいところです。イチゴは水分は同じようなものですが、打つのは苦労します。難しい部類に入ります。
今晩食べてみます。あとは味、食感がどんなものかです。それをふまえて、明日、バナナをやめてキウイに再チャレンジしてみます。どちらにしても明日で試し打ちは最後です。GWのソバも明日で決定です。
昨日のバナナ切りです 

薄いココア色
 昨夜に引き続いて今朝も食べました。食べてビックリ。やや味が落ちています。
そこで気が付きました。あくまで仮定ですが、果肉関係は時間がたつと味が落ちるようです。また、果物自身の香りと色が出ないのも面白くありません。また、打ち方も大変難しくなります。葉っぱ類、果実の皮、種は味で食べさせるのではなく、香りと色で食べさせるので問題ありません。劣化も少ないようです。打つのも体力は使いますがそれほど難しくありません。伝統的な変わりソバに果物類がほとんどないのもうなずけます。
でも、この仮説に敢えて挑戦します。今日はキウイを打ってみます
どんなものができるかな~
このように色々試してみることが大切なのです。無駄ではありません。後々のそば打ちに大変役に立ちます。小生のそば打ちの財産です。できる時にやっておく!!これがモットーです
 4/16 土  変わりソバ試し打ち

とろろ昆布切り 
 今日はとろろ昆布で打ってみました。フライパンで焙って粉末にして使いました。味をしっかり出そうとして、とろろ昆布を入れ過ぎたようです。打つのに大変苦労しました。味は・・・?あまり感心しません。食感が良くないのです。
海藻類はヘギそばを代表として、どれもツルツル感が出るものですが、とろろはそれが全くありません。かえってモソモソしてしまいます。味も昆布なのでダシが出て美味しくなるかなと期待したのですが、こちらもまったくダメでした。残念ですが落第です。

実は、アボガドも落第です。打った翌日の昨日食べたところ味が極端に落ちていました。これではメニューに載せられません。準備の段取りで前日の夕方に打つこともままありますので、これで味が落ちたのでは困ります。

鰹節切りはまずまずです。ソバはカツオダシのつゆにつけて食べるのですから相性が悪いわけはありません。違和感なく食べられます。お出しできる変わりソバです。

あと2種類、試し打ちしたい食材が残っています。これが不合格の場合は原点に戻って、今までメニューに載せたものの中から選ぶことにします。
 4/14 木  変わりそば試し打ち 

左 鰹節切り、右 アボガド切り
 ゴールデンウィーク用に変わりソバ2種類の試し打ちをしました。ソバの出来と味の両方とも合格です。これからも一般的にあまり打たれていない食材にチャレンジしてみます。今月中にあと数種類打ってみます。
ゴールデンウィークは既に決まっている「イチゴ切り」にプラスして、今のところ何になるかは未定でが前半と後半にそれぞれ1種類づつ新顔を予定しています



試食感、 もう一工夫が必要だが、カツオ、アボガド合格です。個人的にはカツオの方が好み。美味しい。
 4/7
 木 イチゴ切り、試し打ちです 


ナチュラルカラーです
 イチゴ切りは2年前打ったきりですので、今日試し打ちをしてみました。600gです。
「あまおう」(中粒)1パックをミキサーにかけ、できたジュースを裏ごしして種を取り除き、このジュース130gを使って打ちました(他に加水もしています)。水分が足りない状態だったので、途中数回、イチゴジュースを加え、写真に見る通り問題なく打ちましたが、香りはまったくありませんでした。本番ではストロべりーエッセンスを加えるようでしょう。色味はイチゴの色だけでしたが、ほのかなピンクが自然で大変よろしい。味はほんのわずか甘みがありますが、一工夫が必要かもしれません。

ゴールデンウィークの3日~5日は各日6人前限定といたします。せいろは十分打ちます。
 4/6 水  サクラそば下ごしらえ 

今回は桜の葉2種類です

葉柄を取ってすり鉢で摺ります
 「サクラそば」は桜の葉が主役です。写真の右のものが普通使われる葉ですが、やはり季節ものです。サクラが咲きだしたら、もうすでに在庫切れになっていました。仕方なしに色が強い左の葉を取り寄せました。したがって、今回は四分の一、左の葉が混じりますが、香りは変わりません。処理は、葉柄を取り、ハサミで細かく切り、すり鉢で摺り、水を少し加えてミキサーで撹拌します。できるだけ葉は細かくすることが必要です。粗いと打ったソバが切れやすくなります。ミキサーで撹拌する場合は水が加わるので、打つ時、この水の計算をしないといけません。今回はこれに桜の花が少し加わります。
このように変わりソバは下ごしらえに手間のかかるものが多いのですが、そのうちでも「サクラそば」は面倒なソバの一つです。
9日は予約も入っているので打つのにも気合が入るというものです。
 3/14 月  昨日のヨモギ切り

やや淡い色
 
 二日目の「ヨモギ切り」です。やはり色味、味、香りがやや薄い感じでしたが、これはこれでもう一つの「ヨモギ切り」です。
落ち着いた味で、小生はこちらが好みです。
昨日は今の季節にしては寒い陽気でしたので、お店も閑散としていましたが3人で見えたご家族の息子さん2人は食べ盛りとみえ、それぞれヨモギ切り大盛りに天ぷらを付け、食べ終えた後、せいろとヨモギ切りの普通盛りを1枚づつ追加で食べてしまいました。さすが若者です。

来月はサクラ切りです。もう桜は散ってしまっているでしょうが春の味を提供しますファンの多いソバです
 3/13  日 ヨモギ切り修正しました 
 早速、色々工夫をして打ちました。ソバの形としては完璧ですが、ヨモギの絞り汁を加水にプラスしたりの修正が裏目に出て色が薄くなってしまいました。やはり香りもやや薄くなったようです。ソバの出来としては最高ですので美味しくいただけると思っています。    
朝ですので取り急ぎ書き込みました。
 8:43am

 3/12 土   
ヨモギパウダー フワフワ
一応、様になっています。
 今日打った「ヨモギ切り」に使用した「ヨモギパウダー」は菓子・パンの材料店からネットで取り寄せました。今まで市場や地元の食材店から買っていたものとは品質的に大分優れています。手触りが大変フワフワしています。繊維がそのままの状態で含まれている感じでした。初めての感触でした。ところがこの繊維があとでとんでもないことになるのです。
今日は1.3㌔で打ちましたが、ヨモギの使用量は30gで済みました。今までの半分の量です。錬りに30分かけ、順調に打ち進めて「今日の出来は素晴らしいぞ!」などと内心喜んでいましたが、いざ切りに入るとこれが大変な事態になっていることに気が付きました。いつものように細めに切ろうとするのですが、生地が包丁にまとわりつき、その上張り付いて何とも切りづらい状態になっています。繊維が邪魔をしているのでしょう。さあ、どうしましょうです。今までヨモギ切りは何回か打っているので今回も試し打ちはしないで、ぶっつけ本番でやったのがいけなかったようです。全く経験したことのない異次元の感触です。やはり食材が変わった場合は試し打ちは絶対に必要だということが分かりました。また一つ勉強しました。
結局、切り方を変えて何とかこの難局を乗り切りましたが、冷や汗ものでした。わけを話した常連のお客さんからは「いつものソバとまったく変わらない。まったく気が付かなかった。綺麗に切れています」と云われホットしましたが、プロの立場としてははっきり言って失敗作でした。
ヨモギの品質が良いので皆さんには「大変おいしいソバ」との評価を頂きました。今日はつゆをこのヨモギ切りに合わせて作り替えてみました。これも好評価につながったと思います。
明日も打ちます。今日の反省を踏まえてより良い、美味しいソバを打ちます。
 3/1  火 版画 版木加工
 
加工の第2弾
 2月2日に紹介した版木加工は1か月経ちだいぶ落ち着いてきました。加工ナシの板よりだいぶ感じが良くなっています。万全を期すため使用は9月以降にします。今回はまた違った方法で加工してみました。今日から乾燥に入りました。どちらが良いか完成が楽しみです。
やはり結果は秋まで待つようです。
途中でお休みになった作品の制作も昨日から始めました。こちらの板は試作の加工板ではないので細かい彫りは苦手ですが、訓練のつもりで挑戦しています。

どんな絵柄の版画を制作しているかは「教室案内」の版画年賀状講座の欄に画像を紹介してます

訂正  教室案内のリンクが間違っていました。慌て者でスミマセン。訂正しました 3/2 7:00 am
 2/28  日 今日は書くこと一杯
 

良型のホウボウ
  獺祭というお酒です  ホウボウの刺身  
 まず、訂正です。26日に誕生日が3日とありましたが、小生の誕生日は2日でした。今日来た長女に訂正されました。そうでした。3月2日なんです。書類などにはちゃんと書いていましたが、あの日はどうしたのでしょう。完全に頭の中は3日になっていました。ヤバいな(昔の意味で)。とうとう来たかな?です。そういえば最近忘れっぽくて困ります。必要なものを取りに行って、その場所に着くと「なんだったけ?」です。日に2,3度あります。歳はとりたくないものです。
今朝、いつもの池田君から「ホウボウ」2匹宅急便で届きました。昨日飯岡港に釣りに行って来たようです。FBに「いいね!」しておきました。
お昼に長女が孫娘を釣れてきました。2日の誕生日祝いをもって
獺祭というお酒です。カワウソを「だつ」と読むなんて知りませんでした。だっさいと読むのだそうです。今人気のお酒だそうで、お米の磨き率が日本一の驚きの2割3分の純米吟醸です。ホウボウの刺身と最高級のお酒。明日は教室だけでお店は無いので、今晩はゆっくり2つを楽しみます。久しぶりにご飯も炊きました。
 2/13 土  昼夜ソバ
 
せいろ8:ゴマ切り7の1.5k
 昼夜そば1.5㌔打ちました。せいろを1。5㌔打つ倍くらいの労力が必要です。お昼にご来店のお客様には珍しさもあって大好評でした。打っている時は大変なので「昼夜」はもうこれきりにしようなどと後ろ向きの考えが出ますが、お客様の「美味しい、こんなそばがあるんですね」などといわれると、その気になって、また明日も頑張って打ちますになってしまいます。

今日いつもの池田君が釣果の「ヤリイカ」を持ってきてくれました。ヤリイカは久しぶりです。
最後のお客様に「ご馳走します」と言ってながら、おしゃべりをしていて忘れてしまいました。ゴメンナサイ。早速、晩酌にヤリイカの刺身を食べたのは言うまでもありません。美味しかったですね~。
 2/11 木  ゴマ切り試し打ち
 


夕食に食べてみました。
 夕方、ゴマ切りの試し打ちをしてみました。ゴマ切りは久しぶりです。500g打ちました。練りこんだ摺りゴマは40gです。色は写真に見る通りの灰色です。13・14日にゴマとせいろの昼夜そばを打ちますので、その予行演習です。当日ぶっつけ本番で失敗するとお店が開けませんので、変わりソバの場合は勘を取り戻すためにも、必ず事前に打つ事にしています。今日はゴマを8%入れましたが、様子が分かったので当日は10%に増やして打ちます。色味がもう少し濃くなるはずです。裏表になるせいろとの色の差がより出るようになります。当然香りも強くなります。美味しいソバです。明日、1部をお客様に試食してもらうかも知れません。

夕食に早速、茹でて食べてみました。茹で時間は他の変わりソバと同じく5秒くらいです。ゴマ切りはやや切れ易いという認識でしたが、今日は思い切ってユズ切りなどと同じ細さで打ってみましたが、切れません。まったく問題ありませんでした。胡麻も以前は4%位でしたが今回は8%入れましたので、悪い影響あるかなと思いましたが、こちらも問題なし。ただ味は美味しいのですが、思っていたほど胡麻の味がイマイチでした。ゴマそのものの品質も影響しているかもしれません。せいろとの昼夜にするのは正解かと思います。
2/9  火  少し気が早いようですが・・・・・
 
左 ヨモギの粉、右 桜の葉
 3月、4月に使う変わりソバの材料の「ヨモギ」と「サクラ」をお菓子材料の専門店から取り寄せました。気が早いようですが、時期になると在庫が一時的に無くなってしまうことがあるためです。今までは地元の市場や食材スーパーなどで購入していたのですが品質がイマイチなので、割高になりますが今年はネットで取り寄せてみました。品質は期待通りでした。特に桜の葉は申し分ありません。
「ヨモギ切り」はこの粉を御前粉(更科粉)に適量混ぜて打ちます。ヨモギの香りがしてなかなかのものです。本来は自然のものを採取して、それを使えば最高のものができますが、採る時間がありません。あく抜きなどの処理も面倒ですが、最大の理由は犬の散歩が多い事です。
サクラそばは花ではなく葉を使います。いい塩梅に塩出しをして、葉脈を丁寧にとって、細かく刻み、当たり鉢でしっかりとあたります。桜色にするため、ほんのわずか「食紅」を使います。香りは桜の葉で巻いてある桜餅そのものです。美味しいソバです。
 2/2 火  版画準備開始 

まず、彫刻刀砥ぎ

版木に新工夫
 少し時間に余裕が出来てボツボツ版画が始められそうなのでその準備に入りました。
まずは彫刻刀。昨年の年賀状制作で少し傷んだ刃の部分の砥ぎ直しです。
次に版木の加工です。新しい加工法を試験的に試みています。果たして成功するかどうか、結果はしばらく先になりますが、別バージョンの方法も試してみようと思っています。
現在使用中の版木は価格と彫り易さからシナベニヤ板を使っていますが、やや柔らかいために、小生の目指す緻密な版画には少し向いていません。といってもサクラなどはとても高くて趣味でやっている版画にはもったいなくて使いきれません。実は、過去にも二回ほど加工を試みてみましたがまったく効果はありませんでした。今回も期待は出来ないかもしれませんが色々試してみるのも楽しいものです。今まではせっかちにすぐ結果を出そうとしたのがいけなかったと考え、今回はじっくり時間をかけて取り組みます。これも趣味だと思っています。彫刻刀の砥ぎが終わったら、昨年からの制作途中の版画を彫り始めます。新加工の板でのテスト制作は秋以降になります。
 1/18 月  魚捌きました
      
頭と内臓と身に分けました

色が違います
 予定通り、雪が降りました。7~8センチくらいです。午前中に上がってしまいましたが気温は低いままです。寒い1日です。午前中魚を捌きました。鮮度を保つため、寒い中でやりました。頑張りました。足の状態があまり良くないので椅子に座っての作業です。やりずらいことこの上ありません。
下の写真、同じウスメバルの身です。色が違います。右がややピンクがかって、左は白っぽく見えます。白身魚にはこの色の違いは良くあります。味はピンクが勝っています。刺身などでは断然こちらです。雌雄の違いではありません。何によるものかはわかりません。特にスズキなどは白い方がもっと白くなって透明度が無いのは「シラタ」といって嫌われます。歯ごたえ、味が良くありません。洗い、刺身には絶対に向きません。
タイなども同じです。
今晩、右は刺身、左はしゃぶしゃぶになります。

昨夜は結局、アジが大きかったので(41センチ)半身を、メバルは一匹を刺身でいただきました。フグは今日に持ち越しです。アジは外海のこんな大きなものは大味であまり美味しくありません。刺し身かフライです。焼き魚にしたら、ぱさぱさでガッカリします。いただいたものにケチをつけるようで申し訳ありませんが、情報としてお伝えします。メバルは釣ってから一日しかたっていなかったので、まだ身が固くうま味が出てきませんでした。今日あたりが美味しいはずです。
 1/11 月  今朝打った「ユズ切り」 
クリック
今シーズン最後です
 今日は最後ですので、ユズを2割増しで打ちました。色よく仕上がりました。ほぼ完璧です。朝食に試食。美味い!!
続きは夕方に。(忙しいので)。

続き、   お昼の来店客少なく「ユズ切り」残ってしまいました。美味しいのに残念です。残ったそばは以前パートさんとして来ていただいた方にメールをして取りに来てもらうことにしました。次回のユズ切りははるか先の11月になります。今の打ち方ならもっとゆずを練りこんでも切れないでしょう。他の食材の変わりソバも多分今までより格段にしっかりしたものが打てるはずです。
来月は「ゴマ切り」を打つ予定ですが胡麻は油を含んでいるのでのし板やめん棒、切り板が油で汚れるので好んで打ちたい食材ではありません。そば湯も胡麻臭くなるので個人的にはこれも好みではありません。打つ直前になって気が変わるかもしれません。

とりあえずはこの3日間のユズ切りが終わって少しほっとしています。打つのは楽しいのですが、さすが3日続くとなると体力的にしんどくなります。やはり疲れます。明日の朝は起きる時間がゆっくりで良いのが助かります。
 1/10
 日 ゆず切りの練り
 
力仕事です
 今日もユズ切りを打ちました。昨日とデータ、条件はまったく同じです。昨日よりやや細めに打ちました。朝食に試食しましたがまずまずです。
変わりソバの練りを手でやっているところは少ないと思います。メニューに載せて継続的に打っているお店はほとんどが「練り機」を使っているハズです。当店のように1か月に2日くらい、しかも打つ量が1.5㌔以下というお店は手で練るしかありません。少ししんどいですがこれもまた楽しからずやです。毎日楽しんでやっています。明日も打ちます。今シーズン最後のオーラスのユズ切りです。売れ残らないことを祈っています。
 1/9 土  ゆず切り1.3㌔
 
 今日はユズ切りです。1.3㌔です。すりおろしたゆずを70g練りこみました。練りこむ食材の量が多いほどつながらなくなりますが、味と香りは当然よくなります。私は自分のそば打ちの技術の許す範囲で最大の量を入れるようにしています。
ユズ切りを含む変わりソバは「片栗粉」のような真っ白な御前粉(更科粉)で打ちます。タンパク質が全くないデンプン質でできているので、つながる要素が普通のそば粉とは全く違うので、打ち方も大きく違って来ます。普通のそば粉は練って粘りが出てくるものではありませんが、御前粉はしっかりと練って粘りを出すようなタイプの粉です。一般的には熱湯を使います。本日はこんな打ち方で練りに30分かけました。二八や生粉打ちならそばが仕上がっている時間です。今日練りこんだゆずは全て冷凍してあったものなので(問題ないとの自信はありましたが)お昼にお客様にお出しするとき一抹の不安がありましたが、皆さん召し上がって「大変おいしい」との評価でした。ホッと一安心。明日、明後日も今シーズン最後のユズ切りを打ちます。せいろしか召し上がらない方もいますし、せいろとの二色盛りもお出しするので「せいろ」は今日の夕方打っておきました。
 1/8 金   二八そば水回
 今朝の加水率は48%でした。粗挽き粉を15%ブレンドしてます。水回しはこのような状態を早めに作ることが大切です。時間が足りないと水が粉全体に均等に回らないし、かけすぎると折角計った水の1部が蒸発して加水不足になってしまいます。慣れてくれば1㌔で5分以内にこの状態が作れます。二八そばがつながるかどうかはこの水回しがうまくできるかどうかににかかっているのですが、生粉打ちや変わりソバは慣れない人では水回しがうまく行っても切れてしまう事があるのが難しいところです。木鉢3年と言われる所以です。
明日から3日間は今シーズン最後の「ユズ切り」を打ちます。最高のものを作るよう頑張ります。
1/5  火  のしもちです
 
 昨日、もち米4合でのしもちを作りました。延ばすのは得意だとばかり張り切りすぎました。延ばしすぎました。薄い餅を作ってしまいましたが一応形にはなっています。市販のコーンスターチなどのデンプンが沢山入っている餅とは伸びが違います。雑煮や海苔をまいた磯辺巻きで遅ればせの正月を味わっています。
いよいよ金曜日からお店が始まりますので、明日からその準備です。特に土~月曜日は3連休で今シーズン最後の「ユズ切り」を打つので手を抜くわけにはいきません。今回はユズは全て冷凍してあるものを使います。過日打った感じでは生の果実とそれほどの差はありませんでしたが凍ったものを擂る作業がちょっと大変です。手がかじかんでしまいます。頑張ります。

ホームベーカリーの話を一つ。2日に長女から、使っていないのでということで器具をもらいうけました。昨日。、餅と同時にパンも焼いてやろうと箱を開けてビックリ、説明書が炊飯ジャーのものでした。我が家にあるものと比べ性能、仕様、使い方はそれほどの違いはないとは思いますが、さっそく電話しました。次にこちらに見えるのは春のお彼岸頃になると思いますので、それまでおあずけです。使えません。彼女はしっかりしているようで、たまにこんなへまをやらかします。小生はいつもへまをしますので1部が遺伝したのでしょう。   内輪の話で、おそまつ
 1/3 日  餅を作りました
 
ホームベーカリーでもち米3合で餅を作りました。正月になってお米関連の食事をしていません。今日は思い切って餅を作ってお雑煮を食べることにしました。出来上がった餅をみたら無性に「からみ餅」が食べたくなったので予定変更です。3分の1くらいを「からみ」で食べてしまいました。残りは丸モチにしてお昼に雑煮で2個食べて残りは明日です。ホームベーカリーでも結構うまく作れます。もち米の品質の良いのを手に入れれば本物のあじが楽しめます。これに味をしめて明日以降しばらく餅が続くかもしれません。パンよりはるかに短い時間でできるも魅了です。ちなみにパンは4時間、餅は1時間です。次回は伸し餅を作ってみます。もち米も4合で。

前ページ